HOMEシステム開発開発者向けFAQ

開発者向けFAQ

開発者向けFAQ

 Q(質問)をタップまたは、クリックしていただくと、A(回答)をご覧いただけます。
VOHMIAKを用いた開発を行うにあたり、VOHMIAKのパッケージ以外にお客様があらかじめ用意しないといけない開発環境はなんですか?
VOHMIAK PD-2を用いて開発を行うためには、VOHMIAK PD-2パッケージ以外に以下環境をあらかじめインストールしておく必要があります。

<Windows CEの場合> <Windows mobileの場合>

機械・設備が動作している場所なので「ノイズ」対策は大丈夫か?
ノイズの音量や言葉によりますが、以下の2つの機能により、ノイズに対してかなり耐性を持っております。
  1. 音声認識エンジン内部に、定常ノイズを低減する機能があります
    →たとえば自動車100km/hのような騒音下でも高認識率を確保できます

  2. 音声認識エンジン内部に、人間の声以外の非定常ノイズへの反応を抑える機能があります
    →フォークリフトの「ピーピー音」のようなノイズ環境でも使用可能です

郵便番号、電話番号 の音声入力について何か良い方法があれば教えて頂けませんか。
また認識を早くするアイデアは無いでしょうか?
たとえば郵便番号の場合、郵便区番号(3ケタ)を認識させたのちに町域番号(4ケタ)を認識させる方法があります。

人が数字を発話する場合、4ケタ程度までが発話しやすいため、長い桁数を認識させたい場合でも、3、4桁に区切って話す仕組みにするのが、認識精度を高くするための秘訣です。

VOHMIAK 3のご紹介 VOHMIAKとは?(VOHMIAKでできることのご説明) VOHMIAKとは? 旭化成が提供する音声対話ソリューション VOHMIAK 音量調整機能 マイク VOHMIAKを導入するには(音声対話システムをご検討の方) VOHMIAKの使い方 VOHMIAK導入に必要なものと入手方法 VOHMIAK 業務端末 マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機GBT-480 ヘッドセット VOHMIAK導入の流れ(導入までの具体的な流れと必要事項) デモを見る・必要なものを入手する メーカーごとのコンタクト先 音声入力システムの開発の進め方 導入FAQ(よくあるご質問) 現場で使いこなすには(導入後の使い方の説明を見たい方) 対話のコツ 周辺機器の使い方 使い方FAQ 動画 システム開発 開発者向けFAQ About us お問い合わせ