HOMEVOHMIAKを導入するにはVOHMIAK導入に必要なものと入手方法

VOHMIAK導入に必要なものと入手方法

VOHMIAKの導入に必要なもの

1. VOHMIAK

VOHMIAK は端末バンドル製品(※)のため、端末メーカー様から端末とセットでご提供します。




※ 音声対話に不可欠の音声入出力機能が端末に依存するため、弊社と端末メーカー様とで動作確認した端末にのみ、VOHMIAK をバンドルしています。

2. VOHMIAK 対応業務端末

2.1 VOHMIAK 3 動作確認済み端末一覧

【Windows版】
製品名 VOHMIAK 3 Ver.1.0 Standard for Windows
(Light音響モデル付き)
VOHMIAK 3 Ver.1.0 Light for Windows
製品コード VOHMIAK 3 10JPS1W1 VOHMIAK 3 10JPL1W1
対応OS Windows 7(32bit/64bit)
Windows 8.1(32bit/64bit)
Windows 10(32bit/64bit)
対象業務端末 【Panasonic】
TOUGHPAD FZ-G1<Windows 10 Pro 64ビット>
TOUGHPAD FZ-M1<Windows 10 Pro 64ビット>

 

【Android版】
製品名 VOHMIAK 3 Ver.1.0 Standard for Android
(Light音響モデル付き)
VOHMIAK 3 Ver.1.0 Light for Android
製品コード VOHMIAK 3 10JPS1A1 VOHMIAK 3 10JPL1A1
対応OS Android 4
Android 5
Android 6
Android 7
Android 8
Android 4
Android 5
Android 6
Android 7
Android 8
対象業務端末 【Panasonic】
TOUGHPAD FZ-N1 <Android 5.1.1/6.0>
TOUGHPAD FZ-X1 <Android 4.2.2/5.1.1>
【AVNET/Zebra】
確認中
【CASIO】
IT-G400 <Android 6.0>
 

2.2 VOHMIAK PD-2 動作済み端末一覧(※1)

端末メーカー 機種 画面サイズ OS

動作確認時期(※2)

カシオ計算機 IT-G400 5 Android 端末 2017年9月末
パナソニック TOUGHPAD
FZ-N1
4.7 Android 端末 2016年12月末
TOUGHPAD
FZ-X1
5 Android 端末 2016年7月末
TOUGHPAD
FZ-M1
7 Windows 端末 2016年7月末
TOUGHPAD
FZ-G1
10.1 Windows 端末 2016年7月末
(※1) Bluetoothヘッドセットで16kHzサンプリング音声が取得可能な端末のみ記載しています。

サンプリング周波数について
  • サンプリング周波数とは、アナログ波形をデジタルデータに変換するときの1秒間あたりのサンプル数のことです。
    16kHzは1秒間当り16,000回のサンプル数、8kHzは1秒間当りに8,000回のサンプル数です。
  • サンプリング周波数が8kHzの場合は、高音域の情報が欠落します。
  • 8kHzの音声は高音域の情報がないため、16kHzの音声に比べ、静かな環境を除き、音声認識の性能が明らかに低くなります。
  • 現在世の中で使われている音声認識エンジン(GoogleやSiriなど)は、16kHzサンプリングの音声が前提となっており、VOHMIAKも16kHz対応です。
  • Bluetooth接続のヘッドセットの場合、音声認識エンジンと端末の両方が16kHzサンプリングに対応していないと、高性能な音声認識を実現することができせん。
    (有線接続のヘッドセットの場合は、多くの端末が16kHzサンプリングに対応しています)
(※2) 動作確認は上表記載の「動作確認時期」時点のものです。同一機種であってもOSやファームウェア、ハードウェア等が異なる場合には、16kHzサンプリングで音声が取得できないことなどが原因で、VOHMIAK が正常に動作しない場合がありますので、詳細機種ごとの対応可否については端末メーカー様にご確認ください。

上記端末以外にも、有線ヘッドセットのみに対応した端末(カシオ計算機製、ゼブラ・テクノロジーズ製)もありますので、各端末メーカー様にお問い合わせください。

3. マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機GBT-480

Bluetooth送信機GBT-480

 

PDF詳細はこちら(PDFカタログ)

 


4. ヘッドセット

オーバーヘッド型ヘッドセット
標準タイプ(OHS-B01)
標準タイプ(OHS-B01) 頭部と違和感なくフィットする三次元デザインを採⽤、⾳声ソリューションに最適化した明瞭でローノイズな⾳響特性を実現しています。
マイク部は左右どちらでも装着することができます。
汗対策タイプ(OHS-A02)
汗対策タイプ(OHS-A02) 標準タイプ(OHS-B01)から⽿覆いタイプレシーバーを無くしたヘッドセットで
す。レシーバーは好みに応じてオプション①~③からお選び下さい。汗をかくような現場で快適にご使⽤頂けます。
ヘルメット⽤ヘッドセット
標準タイプ(HHS-A01)
標準タイプ(HHS-A01)
クリップにてワンタッチでヘルメットに装着できるヘッドセットです。⾳声ソリューションに最適化した明瞭でローノイズな⾳響特性を実現しており、劣悪な環境下でも使⽤に耐えうる設計になっています。
レシーバーはイヤフォンと⽚⽿覆いタイプフォンをご⽤意、レシーバーが付属しないモデルもあります。
クリップの位置と本体の向きでヘルメットの左右どちらでも装着できます。
防滴タイプ(HHS-W01)
HHS-A01の防滴仕様(IPX2相当、但しレシーバーは 除く)です。レシーバーが付属しないモデルもあります。
ネックセット NEW
標準タイプ(NKS-A02)
標準タイプ(NKS-A02) 頭部と違和感なくフィットする三次元デザインを採⽤、⾳声ソリューションに最適化した明瞭でローノイズな⾳響特性を実現しています。
マイク部は左右どちらでも装着することができます。
オプション(①~③:OHS,NKS⽤ / ④~⑦:HHS⽤)
①.標準型[I型]レシーバー(OHS-A-IP)
②.⽿掛け型[C型]レシーバー(OHS-A-CP)
③.⽿掛け固定型[D型]レシーバー(OHS-A-DP)
④.イヤフォン(HHS-A-SP)
⑤.⽚⽿覆いタイプフォン(HHS-A-CP)
⑥.マイク⾵防(HHS-A-KS)      ※⿊⾊
⑦.マイク⾵防防滴型(HHS-W-KS) ※灰⾊
標準タイプ(HHS-A01)
PDFヘッドセットPDFカタログはこちら >>

 



5. 入手先

端末メーカー 入手先
ゼブラ・テクノロジーズ アヴネット株式会社
エンベデット事業本部
東日本地域担当(東京) 幸田 重雄
幸田 重雄メールアドレス

西日本地域担当(大阪) 忰山 弘之
忰山 弘之メールアドレス

Webページ:http://www.zebra-avnet.jp/solution/vohmiak-pd-2/
パナソニック パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社
法人システム推進部 法人システム推進課
電話:03-5148-5427
カシオ計算機 カシオ計算機株式会社
システム営業統括部 PA推進室
電話:03-5334-4637
お問い合わせフォーム:https://secure.casio.jp/system/inquiry/form.php
Webページ(導入事例):http://casio.jp/business/case/ht/29/

VOHMIAK 3のご紹介 VOHMIAKとは?(VOHMIAKでできることのご説明) VOHMIAKとは? 旭化成が提供する音声対話ソリューション VOHMIAK 音量調整機能 マイク VOHMIAKを導入するには(音声対話システムをご検討の方) VOHMIAKの使い方 VOHMIAK導入に必要なものと入手方法 VOHMIAK 業務端末 マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機GBT-480 ヘッドセット VOHMIAK導入の流れ(導入までの具体的な流れと必要事項) デモを見る・必要なものを入手する メーカーごとのコンタクト先 音声入力システムの開発の進め方 導入FAQ(よくあるご質問) 現場で使いこなすには(導入後の使い方の説明を見たい方) 対話のコツ 周辺機器の使い方 使い方FAQ 動画 システム開発 開発者向けFAQ About us お問い合わせ