HOMEVOHMIAKとは?

VOHMIAK(ボーミアック)とは?

VOHMIAKは、お客様の現場で使う業務アプリケーションに音声対話機能を付加する業務用音声対話アプリケーションフレームワークです。音声対話アプリケーションによって、作業中の目や手が離せない状況下でも、効率的に端末と情報のやり取りが可能になります。

 

旭化成が提供する音声対話ソリューション

私たちは、様々な音が飛び交う業務現場に足を運び、現場で音声対話を使えるものにするには何が必要かについて、何年も考え続けてきました。その結果、以下のものがすべて必要であるという結論に至りました。

  1. 業務利用に最適な高性能・高機能「音声対話エンジン」
  2. 騒音環境下でも作業者の声を確実にとらえ、情報を音声で作業者に伝える、「音声対話用ヘッドセット」
  3. 人や周りの環境によって大きさが変わる声を、適正なボリュームに調整できる「マイク音量調整機器」
  4. 音声対話特有のアプリ開発を支援するための「開発サポートツール」
  5. 音声対話アプリケーションを現場でうまく使いこなすための「作業者トレーニングツール」

旭化成では、これら5つすべてがそろったソリューションをご提供します。



音声対話エンジン

VOHMIAKは、現場の利用に適した数々の特長を備えています。

特長1  現場雑音下(~95dBA)でも精度高く音声を認識可能
特長2  現場で使う言葉の認識に強い
  • 現場でよく使う数値入力に強い
  • 現場特有の言葉を登録して認識可能
特長3  音声合成による作業ナビゲートが可能
  • 音声合成の声のスピードや大きさをカスタマイズ可能
特長4  インターネットにつながないローカル環境で音声対話が可能
  • これらの特徴により、記録のために紙を持ったり、対象物から目をそらしたりする必要が無く(アイズフリー・ハンズフリー)、安全に作業を行うことができるようになります。
  • また、VOHMIAKは、開発効率を上げる独自の仕組みを備えています。
特長5  作業フローの記述にXMLを、認識する言葉の登録にデータベースを使用することにより、これまでのプログラム言語を使った開発に比べ開発工数を大きく削減できます。

マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機 GBT-480(業務用)

音声認識に最適な入力音量を調整できます︕

一般的な市販のBluetoothヘッドセットではマイクボリュームを調整する機能がなく、端末や環境によって変動する声の大きさを音声認識に最適な音量に調整できないできないため、VOHMIAKが持つ本来の性能が十分に発揮できませんでした。
GBT-480を使うことで、マイク入力音声の音量を最適に調整でき、これまで旭化成が30年以上にわたって培った音声技術を結集したVOHMIAKの性能を最大限に引き出すことが可能になります。

マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機 GBT-480(業務用)

※GBT-480を使用するには、BluetoothのHFP1.6に対応し16kHzサンプリングで音声取得可能な業務端末が必要です。

 

マイクボリュームの最適化により認識率低下を抑制

  • 端末やヘッドセットによりばらつくマイクボリュームを最適化
  • 人による声の大きさのばらつきを吸収
人や周辺ノイズによる声の大きさのばらつきを吸収最適な音量により、VOHMIAKの性能を最大限発揮。
  • 周りのノイズが大きい場合、人の話し声が大きくなっても、マイクボリュームの調整で最適な音量に調整可能
  •  

    有線ヘッドセッ卜がBluetoothヘッドセットに

  • 業務に合わせた様々なタイプのヘッドセットを選択可
    用途や使用頻度に合わせ、様々なタイプの有線ヘッドセット(※1)を利用可能です。
    故障時は、Bluetooth送信機とヘッドセットが切り離されているので、故障した部分のみの交換で、ランニングコストが削減できます。

  • ヘッドセットの共用を避け、衛生的
    Bluetooth送信機は共用し、頭に直接触れるヘッドセットのみ個人ごとに用意することで、衛生面に配慮できます。

 

単4電池仕様で電池交換也簡単

  • 単4電池1本で8時間以上の運用(※2)
  • 充電池(工ネループなど)の利用で運用コストを低減
  • 長時間作業時には電池交換のみで、すぐに作業を継続可能

 

(※ 1) ・・・ヘッドセットは指向性のものが必要です。推奨品は下記。ヘッドセットの種類によっては、音声認識の性能が出ない場合があります。
(※ 2) ・・・弊社所定の測定環境での測定結果です。

音声対話用ヘッドセット(業務用)

VOHMIAK用のヘッドセットです。これを用いることでVOHMIAKの性能を最大限発揮することができます。

 

オーバーヘッド型ヘッドセット標準タイプ(OHS-B01)

標準タイプ(OHS-B01)

頭部と違和感なくフィットする三次元デザインを採用、音声対話ソリューションに最適化した明瞭でローノイズな音響特性を実現しています。
マイク部は左右どちらでも装着することができます。

 

 

ネックセットタイプ(NKS-A02)

ネックセットタイプ(NKS-A02)

標準タイプのイヤーパッドを無くしたヘッドセットです。レシーバーはお好みに応じてオプションからお選び下さい。汗をかくような現場で快適にご使用頂けます。

 

オプション(NKS-A02用)

① 標準型[I型]レシーバー(OHS-A-IP)② 耳掛け型[C型]レシーバー(OHS-A-CP)③ 耳掛け固定型[D型]レシーバー(OHS-A-DP)

①.標準型[I型]レシーバー(OHS-A-IP)
②.⽿掛け型[C型]レシーバー(OHS-A-CP)
③.⽿掛け固定型[D型]レシーバー(OHS-A-DP)

 


 

ヘルメット用ヘッドセット

標準タイプ(HHS-A01)

標準タイプ(HHS-A01)装着イメージ

クリップにてワンタッチでヘルメットに装着できるヘッドセットです。音声対話ソリューションに最適化した明瞭でローノイズな音響特性を実現しており、劣悪な環境下でも使用に耐えうる設計になっています。
レシーバーはイヤフォンと片耳覆いタイプフォンをご用意、レシーバーが付属しないモデルもあります。
クリップの位置と本体の向きでヘルメットの左右どちらでも装着できます。

 

防滴タイプ(HHS-W01)

HHS-A01の防滴仕様(IPX2相当、但しレシーバーは除く)です。標準タイプと同様にレシーバーが付属しないモデルもあります。

 

オプション

④.イヤフォン(HHS-A-SP)
⑤.⽚⽿覆いタイプフォン(HHS-A-CP)
⑥.マイク⾵防(HHS-A-KS) ※⿊⾊
⑦.マイク⾵防防滴型(HHS-W-KS) ※灰⾊

④.イヤフォン(HHS-A-SP)
⑤.⽚⽿覆いタイプフォン(HHS-A-CP)
⑥.マイク⾵防(HHS-A-KS)      ※⿊⾊
⑦.マイク⾵防防滴型(HHS-W-KS) ※灰⾊

 


VOHMIAK使用可能ノイズ環境(ヘッドセットの種類ごと)

※今後ヘッドセットを追加予定
騒音
レベル
[dB]
音の大きさのめやす これまでのVOHMIAKが
使われた環境
ヘッド
セット
OHS-B01
HHS-A01
NKS-A02
利用時OHS-B01 HHS-A01 NKS-A02
100~ 電車が通る時のガード下・重工系工場の打刻音、ヘリコプターの近く 聴覚機能に異常をきたす ・航空機のボディ製造工場での打刻音
 (VOHMIAKは使えなかった)
・ボイラー周辺の騒音
 
90~ 騒々しい工場内・大声・犬の鳴き声 極めてうるさい ・造船所の金属部品を切る/たたく音
・食肉検査場
・電車が走行する近く
80~ 地下鉄の車内・ピアノの音 ・屋外の作業場(風雨あり)
70~ 掃除機・騒々しい街頭・キータイプの音 うるさい ・物流倉庫の騒音(搬送ローラー、フォークリフト、かご車の移動)
60~ 普通の会話・チャイム・時速40キロで走る自動車の内部 ・周りで複数の人が会話する作業場
50~ 事務所・エアコンの室外機 日常生活で望ましい範囲 ・業務中の事務所(会話あり)
40~ 静かな住宅地・深夜の市内・図書館 ・会議室(会話していないとき)

上記資料はあくまでも目安です。音声認識の性能は、周辺ノイズの種類、発話者の声の大きさ、認識させる言葉、その他の理由により変動しますので、事前に十分に評価を行い、実際の業務で利用可能かどうか判断ください。


開発者サポートツール

チュートリアルやサンプルプログラムも用意しており、VOHMIAK初心者でもすぐに開発できるようになります!

・チュートリアル

・サンプルプログラム

・マニュアル

チュートリアルやサンプルプログラムも用意しており、VOHMIAK初心者でもすぐに開発できるようになります!

それ以外にも開発時に便利なツールを用意。

・端末の入力音声チェックツール

・シナリオチェックツール

・グラマー作成ツール

・認識性能評価ツール (認識率チェッカー)

認識率チェッカー

作業者トレーニングツール

動画や練習ツールで、音声対話の使いこなし方がわかります。

機材の使い方 (声を確実にひろうには)しゃべり方 (聞き取りやすいしゃべり方とは)
  • ヘッドセットのつけ方
     声を確実にひろえるヘッドセットのつけ方がわかります

  • 話し方
    VOHMIAKが認識しやすい発話のスピードやタイミング、声の大きさがわかります。

VOHMIAK 3のご紹介 VOHMIAKとは?(VOHMIAKでできることのご説明) VOHMIAKとは? 旭化成が提供する音声対話ソリューション VOHMIAK 音量調整機能 マイク VOHMIAKを導入するには(音声対話システムをご検討の方) VOHMIAKの使い方 VOHMIAK導入に必要なものと入手方法 VOHMIAK 業務端末 マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機GBT-480 ヘッドセット VOHMIAK導入の流れ(導入までの具体的な流れと必要事項) デモを見る・必要なものを入手する メーカーごとのコンタクト先 音声入力システムの開発の進め方 導入FAQ(よくあるご質問) 現場で使いこなすには(導入後の使い方の説明を見たい方) 対話のコツ 周辺機器の使い方 使い方FAQ 動画 システム開発 開発者向けFAQ About us お問い合わせ