HOMEVOHMIAK3(ボーミアック3)リリース

業務系音声対話ソリューション
VOHMIAK PD-2 ⇒ VOHMIAK 3 へ
メジャーバージョンアップ(2018年11月~)

 当社では、2012年に「VOHMIAK PD-2」をリリースし、以来、これまで先駆けてご検討・ご利用いただきました多くのお客様の声に耳を傾けながらバージョンアップをしてまいりました。

近年、DX(Digital Transformation)の動きの中で、音声UI(User Interface)に対する認知、関心が高まり、GUIなどの他のUIと組み合わせた複合UIによってUX(User Experience)をより高めていく取り組みが広がりつつあります。

こういった背景をもとに、ユーザー事業者様の実際の現場で幅広く効果的に使える音声UIをめざし、
①音声処理に関する抜本的な技術向上・改良、
②AI技術を活用し、VOHMIAKエンジンの全体を大きく改良いたしました。

 このたび、新たにユーザー様のそれぞれの実現場環境に、より適合させた、使いやすい音声対話ソリューション「VOHMIAK 3」としてリリース、ご提供させていただきます。

 

VOHMIAK 3 の特徴等

  1. 大幅な性能向上
    • 対環境
      騒音につきましては、従来からボイラー音等に対し強みがありましたが、今回のVOHMIAK3においては、ドリル、切削音等の高域の騒音に対しても対騒音性が大きく向上しました。
    • 対人
      入力をし続ける中で声が小さくなったりすることや、環境騒音によって声の大きさが変化することに対し、大幅に認識し易くなりました。(発声量維持へのストレスを軽減、入力設定の頻繁な変更の減少)
      これまでは、性能が出にくい話者が一定の比率で存在しましたが、その割合を大幅に低減しました。
    • 対タスク
      数字入力において、棒読み数字より性能が落ちやすい桁読み数字においても大幅に性能向上しました。

       

  2. 利用端末における演算量負荷に対応し2種類の音響モデル版をご提供※
    • 演算量負荷が異なる「スタンダード版」と「ライト版」の2種類の音響モデルをご提供いたします。(標準)
    • これにより、端末のCPU能力や他のアプリケーションとの関係等により円滑にVOHMIAK 3が稼動できるよう、開発時、またはシステムメンテ時に選択、切り替えすることが可能です。(実使用にてご確認、決定ください。)
    • ライト版はスタンダード版に比し、おおよそ-30%程度の演算量(当社比較)になります。一方、ライト版の認識率は、突発性騒音がある環境においては、タスクや話者にもよりますが、やや差が出る傾向がみられます。

      ※CPU能力等が厳しい端末につきましては、「ライト」版のみの搭載になります。
      (「VOHMIAK 3 ソフトウェア製品一覧」の対応業務端末欄をご参照ください。)


       

  3. VOHMIAK 3による性能向上により、対応マイクの種類を拡大・ご提供(予定)

    従来のマイク ヘルメット用ヘッドセット
    HHS-A01
    ネックセット
    NKS-A02
    オーバーヘッド型
    ヘッドセット
    HHS-A01
    <目安>
    • 騒音
      ~95dBA
      (製造工場内)

    検討中

     
    VOHMIAK 3向け
    追加マイク
    (詳細未定)
    耳掛けマイク ピンマイク1 ピンマイク2
    <目安>
    • 騒音85dB以下(風雨屋外作業)
    • タスク、人によって使用可否ばらつきあり
    <目安>
    • 騒音80dB未満(物流倉庫)
    • タスク、人によって使用可否ばらつきあり
  4.  

     

  5. リリース予定時期
    • Windows版 2018年11月1日
    • Android版 2018年12月頃予定

       

  6. 今後予定している追加オプション機能(2019年度下期以降を予定)
    • 話者照合機能
      音声認識と同時に「その人らしさ」を数値化し、あらかじめ決めた閾値で判定することによって、成りすましの牽制や適正作業者の確認等の一助としてご利用いただくことを期待しております。
    • 作業コメントの簡易メモ入力機能
      工場や作業毎での固有の用語や略語をつなげての、ある程度パターン化されたコメント入力(備考的な入力)を行える機能を予定しております。

 

VOHMIAK 3 ソフトウェア製品一覧

VOHMIAK 3のご紹介 VOHMIAKとは?(VOHMIAKでできることのご説明) VOHMIAKとは? 旭化成が提供する音声対話ソリューション VOHMIAK 音量調整機能 マイク VOHMIAKを導入するには(音声対話システムをご検討の方) VOHMIAKの使い方 VOHMIAK導入に必要なものと入手方法 VOHMIAK 業務端末 マイク入力音量調整機能付きBluetooth送信機GBT-480 ヘッドセット VOHMIAK導入の流れ(導入までの具体的な流れと必要事項) デモを見る・必要なものを入手する メーカーごとのコンタクト先 音声入力システムの開発の進め方 導入FAQ(よくあるご質問) 現場で使いこなすには(導入後の使い方の説明を見たい方) 対話のコツ 周辺機器の使い方 使い方FAQ 動画 システム開発 開発者向けFAQ About us お問い合わせ