なぜ、PDCAサイクルはうまくは回らないのか?

なぜ、PDCAサイクルはうまくは回らないのか?

イメージ1

TPM(Total Productive Maintenance)活動の 必要性がさけばれ、
誰もがこぞって「計画保全」を推進し、
「計画保全」のため高価な設備管理ソフトを導入されるようになってから10年以上が経過しています。

  • P(plan)- D(do)- C(check)- A(action)サイクルを きちんと回すことによる
    生産性の向上と保全費用のコストダウン
  • CBMとTBMの適正な使い分けによるPAM(Plant Asset Management)の推奨 etc・・・

本当に「計画保全」は生産現場に根付いたのでしょうか?

「計画保全」を推奨されている皆様には、何か言いようのないもやもやとした感覚を持たれることはありませんか?

本コンテンツが皆様の問題を解決できるヒントになれば幸いです。

目次