環境省が主催する『選ぼう!3Rキャンペーン2018』活動成果のご報告

2019年6月7日
旭化成ホームプロダクツ株式会社

 旭化成ホームプロダクツは、環境省が運営する循環型社会推進のためのwebサイト『Re-Style』のパートナー企業として、環境省が主催する『選ぼう!3Rキャンペーン2018』に参画し、2018年9月1日~11月30日まで活動を行いました。

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」に基づき、小売事業者及びメーカーと連携した取り組み『選ぼう!3Rキャンペーン』を実施しています。この取り組みは、消費者一人ひとりが、買い物を通じて3Rや資源の大切さを認識・共感し、日頃の消費行動へ結びつけてもらうことを目的とした、環境省初プロデュースの消費者キャンペーンです。2年目となった昨年(2018年)は、参加メーカーや実施店舗などが、前年(2017年)より大幅にスケールアップし、全国およそ4800店舗で実施しました。

 そして、このたび、2018年のキャンペーン期間中の対象商品の購入数などから、3R行動数や選択・消費行動により削減された資源の試算量などについて、とりまとめた結果が環境省から発表されました。旭化成ホームプロダクツが輸入販売する環境先進国ドイツ生まれのハウスケアブランド「フロッシュ」がこの『選ぼう!3Rキャンペーン2018』の対象商品となっており、食器用洗剤をはじめとして、“環境にやさしく、手肌にやさしい”商品を展開しています。

 「フロッシュ」食器用洗剤は、100%再生PETボトルを使用した商品であり、さらに詰め替え用も積極的に販売しています。また、使用後は自然界に存在する微生物によって水と二酸化炭素に分解され、ほぼ100%が自然に還る、環境負荷を低減した洗剤です。

「フロッシュ」の削減結果

 旭化成ホームプロダクツでは、今後も環境省の『Re-Style』活動推進に協力してまいります。

【ご参考】環境省ホームページ
以上