Sage社による米国Adient社の自動車内装ファブリック事業の買収について
~欧州自動車市場における事業拡大~

2020年3月6日
旭化成株式会社

 旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀秀毅)の子会社であるSage Automotive Interiors, Inc. (本社:米国サウスカロライナ州、CEO:Dirk Pieper、以下「Sage社」)は、欧州自動車市場における事業拡大と基盤強化を目的に、大手自動車シートサプライヤーの米国Adient社の自動車内装ファブリック事業を175百万米ドル(約188億円)で買収する契約を本年3月5日(米国東部時間)に締結しましたので、お知らせします。

  • 1米ドル=107.36円(日本時間3月5日付為替レート)で換算

1.買収の背景・ねらい

 Sage社は米国を中心に、自動車内装材に用いる各種繊維製品の開発・製造・販売を手掛けており、カーシートファブリック市場では、グローバルサプライヤー大手の一社として、自動車メーカーおよび部品メーカーに対して高いプレゼンスを有しています。一方、欧州は最大の自動車内装ファブリック市場かつ自動車市場の最先端のトレンド発信拠点であり、Sage社の事業拡大において重要な市場です。
 今回買収するAdient社の自動車内装ファブリック事業は、欧州を中心に、グローバルに複数の拠点を有しています。また、欧州の主要自動車メーカーからそのデザイン力や品質を高く評価されており、欧州のカーシートファブリック市場で有数の地位を築いています。Adient社の自動車内装ファブリック事業が持つ欧州を中心としたマーケティング・生産・開発機能とSage社の事業を組み合わせることで、欧州市場の深耕を期待し、両社間での協議を経て、本買収の合意に至りました。

 旭化成グループとしては、Sage社の地域戦略・素材戦略をグローバルに推進することを通じて、カーシートファブリックサプライヤーとしてマーケットリーダーの地位を確固たるものとし、各地域における自動車メーカーとの関係を強化することが、グループ全体の自動車分野における事業拡大に繋がると考えております。

シナジー創出の考え方

2.今後の流れ

 本買収は、各国競争法当局への提出および当局からの認可取得などの必要な手続きならびに本買収における一般的な前提条件の充足を経て、クロージングとなる予定です。

3.Adient社の概要

(1)名称 Adient plc
(2)所在地 米国ミシガン州プリマス市
(3)代表者の役職・氏名 CEO:Doug Del Grosso
(4)主な事業内容 カーシートなどの開発・製造・販売
以上