第52回日化協技術賞環境技術賞受賞について
~高性能発泡プラスチック断熱材「ネオマフォーム」、「ネオマゼウス」の開発~

2020年5月15日
旭化成建材株式会社

 旭化成建材株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山越 保正、以下「当社」)は、このたび「高性能発泡プラスチック断熱材「ネオマフォーム」、「ネオマゼウス」の開発」に関して、一般社団法人日本化学工業協会の第52回日化協技術賞環境技術賞を受賞しましたのでお知らせします。

 日化協技術賞は、優れた化学技術の開発や工業化によって化学産業ならびに経済社会の発展に寄与した事業者を表彰する制度です。このたび当社の、高性能発泡プラスチック断熱材「ネオマフォーム」、「ネオマゼウス」の開発が、環境負荷低減に顕著な効果を有し我が国の化学技術の進歩と産業の発展に大きく寄与するものとして、その功績が評価され第52回日化協技術賞環境技術賞の受賞となりました。

 当社の断熱事業は今後も、「日本の家から“寒い”をなくす」の実現に向け、より一層の事業強化を図り、社会と環境に貢献してまいります。

(参考)

一般社団法人日本化学工業協会
https://www.nikkakyo.org/
旭化成建材株式会社 断熱事業
https://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/index.html

以上