第73回福岡国際マラソン選手権大会

2019年12月1日/福岡県

第73回福岡国際マラソン選手権大会

東京オリンピックMGCファイナルチャレンジ初戦となる第73回福岡国際マラソン選手権大会が12月1日(日)、福岡市・平和台陸上競技場を発着点とするコースで開催されました。

旭化成からは市田孝が出場しました。

天候は曇り、気温18度のコンディションの中、12時10分にスタートしました。

設定記録2時間05分49秒の突破を目指し、1km2分58秒でペースメーカーが先導する第1グループで市田はレースを進めました。

第1グループには市田の他に藤本拓選手(トヨタ自動車)、佐藤悠基選手(日清食品グループ)の日本人3選手が付いていきました。

市田はレースの流れにうまく乗り5kmを14分51秒、10kmを29分48秒、15kmを44分42秒、20kmを59分41秒、ハーフを1時間03分01秒で通過しました。

23kmあたりから集団の後方に下がった市田は、25kmを1時間14分35秒で通過すると苦しくなり、先頭集団から遅れ始めました。

その後はペースを大きく落とし、2時間19分05秒の29位でゴールしました。

第73回福岡国際マラソン選手権大会成績

29位 市田 孝 2時間19分05秒

旭化成 柔道部