第69回別府大分毎日マラソン

2020年2月2日/大分県

第69回別府大分毎日マラソン
第69回別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソンが2月2日(日)、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場をゴールとするコースで開催されました。

旭化成からは佐々木悟、深津卓也のベテランコンビが出場しました。

気温13度、湿度45%、北の風1.6m、若干日差しが強いコンディションの中、12時00分にスタートしました。

レースは入社1年目の山本修二がペースメーカーを務め、5km15分10秒前後の安定したペースで25kmまで引っ張りました。

佐々木と深津も集団の中で落ち着いてレースを進めました。

30kmで全てのペースメーカーが外れ、20名を越える集団のままレースは終盤に入りました。

先頭集団は2時間8分前後が狙えるペースで進んで行き、32km過ぎにハムザ選手(モロッコ)が少しペースアップした所で集団から佐々木が少しずつ遅れ始めました。

その後も集団から一人二人と落ちて行き、35kmの折り返しでは10名に絞られていました。

しかし、ここから深津も苦しくなり後方に下がってしまいましたが、そこから粘りの走りを見せ、ゴール直前でも一人を抜き6位となり、自己記録を4年ぶりに25秒更新する2時間09分06秒でゴールしました。

佐々木も離れてから我慢の走りを続けて2時間10分25秒の14位でゴールしました。

第69回別府大分毎日マラソン成績

6位 深津 卓也 2時間09分06秒[自己新]
14位 佐々木 悟 2時間10分25秒

旭化成 柔道部