手厚い介護が必要になっても
それまでと変わりなく
お住まいいただけます。

併設介護事業所

4つの事業所を併設している安心感

支援が必要になった時には、ご入居者様の体調や健康状態などを把握しているコンシェルジュが、併設する4つの事業所と連携を図り、すみやかに対応することが可能です。特に、「医療的ケアが必要」「身体状況が悪化」した際には、併設する看護小規模多機能型居宅介護事業所をご利用いただくことで、医療的ケアも含めた24時間の介護サービスを受けながらお部屋での生活をご継続いただくことが可能です。

※外部の介護事業所を選択いただくこともできます。サービスの利用にあたっては、サービス提供事業者と別途ご契約いただく必要があります(有料)。
  • 1
    看護小規模多機能型
    居宅介護事業所
  • 2
    訪問介護事業所

    訪問介護員(ホームヘルパー)がご自宅に訪問し、身体介護や生活援助を行います。

  • 3
    訪問看護事業所

    主に看護師がお部屋に伺い、医師の指示に基づく医療処置・医療機器の管理などを行います。

  • 4
    居宅介護支援事業所

    ケアマネージャーがご利用者様やご家族様のご希望に沿ったケアプランを作成します。

1
看護小規模多機能型居宅介護事業所とは

「通い」「泊まり」「訪問介護・看護」のサービスを、介護と看護の両面から柔軟に組み合わせて提供します。介護を必要とする方に対して、「通い」を中心に、「泊まり」「訪問」の介護サービスを24時間365日の体制でご提供します。さらに、医師の指示のもと看護師が伺い実施する看護ケアに加え、施設内での介護サービス(通い、泊まり)ご利用時においても、医師の指示書をもとに看護師による医療的ケアを受けることが可能です。要介護度が高く医療ニーズの高い方にも安心してご利用いただけます。

24時間有人の管理体制

24時間365日、ご入居者様に安心して
ご生活いただくために。

コンシェルジュが常駐し、いつ起こるか分からない「もしも」の事態に、迅速に対応します。また、暮らしのサポートとして、宅急便の取次ぎやゴミ出しのお手伝いなど、日常生活の中でのお困りごとにもお応えします。

※夜間帯(18:00~9:00)は併設の介護事業事業所のスタッフが対応。

コンシェルジュの役割

  • 緊急時対応(24時間対応)

    体調の変化や突発的なできごとにも対応します。居室に備え付けのケアコール(2か所)から、常駐しているコンシェルジュにつながりますので、何かあればすぐにご相談できます。

  • 安否確認(状況把握)

    ご入居者様が安心してご生活していただけるように、毎日のご様子を見守ります。もし変化があった場合には、医療機関や介護事業所等と連携し、すみやかに対応いたします。

  • 生活相談

    日々の生活まわりのことやお身体のこと、介護のことなど、どのようなことでもお気軽にお声掛けください。関係各所と連携をとり、安心して生活できるお手伝いをいたします。

  • フロントサービス

    ご来訪された方への対応からゴミ出しのお手伝い、宅急便の取り次ぎなど行います。お困りのことがございましたら、いつでもご相談ください。

栄養バランスのとれた食事の提供

建物内のダイニングで栄養バランスのよい食事を1日3食ご提供しています。行事に合わせたメニューもあり、楽しい食卓を演出します。

生涯にわたり趣味を楽しむための多彩なアクティビティ

体操などの日常のアクティビティや季節の行事・イベントを開催し、いつまでもやりたいことや趣味を楽しみながらおすごしいただけます。

24時間緊急対応/医療機関との連携

協力医療機関と連携をとり、日常の訪問診療から突発的な体調不良などの緊急対応まで、24時間365日のサポート体制を整えています。

ご入居者様の暮らしを守る
災害に強い建物

地震や火災などあらゆる災害に強い建物で、避難が困難なご入居者様を災害から守り、安心して暮らしていただけます。

※外部の介護事業所を選択いただくこともできます。サービスの利用にあたっては、サービス提供事業者と別途ご契約いただく必要があります(有料)。
TOPへ戻る