ロングライフ住宅 ヘーベルハウス ヘーベルハウス3階建の実力 3階住宅研究会 資料請求
Ability Know-how 安心して 1層分+α 明るく 安全に 広く 移動をラクに
HOME > 3階の実力 > Know-how2 安全に [Column] 大地震の揺れと日常的な揺れ
Ability
Ability1 広く
Ability2 明るく
Ability3 1層分の+α

Know-how
Know-how1 移動をラクに
4つの床を使うプランニングノウハウ
暮らしやすさへの配慮
Know-how2 安全に
防犯性
[Data] 侵入盗の約9割が1階から
耐震性
耐火性
[Column] 大地震の揺れと日常的な揺れ
60年点検システム
ホームサービス課
ロングライフセンター
ファイナンシャルサービス
さまざまな未来の選択肢

History
大地震の揺れと日常的な揺れ

実大実験で、大地震への強さを実証

法基準を超えた高レベルの耐震性を実現するために、阪神・淡路大震災の3倍の力で加振する実物大建築モデルを使った実験を実施。倒壊しないことはもちろん、構造体、内外装ともに修復可能で、すべての加振終了後もとくに問題はみられませんでした。


制振設計で、環境振動にも配慮

強い風、道路や鉄道の振動、建物内の人の移動。建物は日常的にさまざまな振動を受けています。この微小な振動が環境振動です。ヘーベルハウスは環境振動についても邸別に検討し、必要に応じてTMD(環境振動用制振装置)を設置しています。

TMD制振装置のイメージ
←前のページへ 次のページへ→