2015年
05月30日(土)

表層改良工事を行いました。

icon_ram2.png長く住める家を建てるためには、地盤の強さが大切!

表層改良工事って何??
どういった作業をするのでしょうか?


表層改良(ひょうそうかいりょう)工事とは?

軟弱地盤が1~2mと浅い場合、セメント系固化材で地表の土を固化することで不動沈下を防ぐ地盤改良のこと

 


 

ハテナ.png

難しい・・・


説明しよう.png


表層改良工事とは?

土掘り返し.jpgまず、基礎を作る部分の地面を掘り、底を均一にします。
軟弱地盤の1~2m程度。
今回は1m程掘りました。


混ぜ合せ.jpgその後、土とセメント系固化材を混ぜ合せ、重機で締固め、ローラーで均一に固めます。
すると、軟弱だった地盤が固い地面となり、家の不動沈下を防いでくれます。


これは何.png


土採取.jpgこれは、

一軸圧縮試験用の改良土を採取したものです。


??
一軸圧縮試験とは・・・表層改良工事を行った土が、基準の固さになっているかを確認する試験です。
この試験を行うことによって、地盤の安全が確認されます。


ヘーベルハウスでは、1邸ずつ綿密な地盤調査を行い、邸別の構造計算を実施しています。
それぞれの建物荷重や地盤に応じて、基礎の深さ等を決めています。


また、必要に応じて、杭・地盤改良工法を用意しているため、地盤のタイプを見極め、最適な対策を講じます。




ヘーベルハウスで安全なお家を建てませんか?
気になる方は、下記フリーコールまでお問合せ下さい。

0120-116-650


※火・水定休(次回6/2(火)~4(木)はお休みをいただきます。)


電話受付:9:30~18:00


連絡.png

 

ページの先頭へ