考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

職方さんインタビュー これが私の仕事です。 ロングライフ住宅ヘーベルハウスの現場を支える職方さんに、家づくりにかける想いを伺いました。

Interview #31

京都府

才竹慎剛、賢史 Shingo,Satoshi Saitake

防水シート工事

京都府向日市の現場に才竹さん兄弟を訪ねました。お兄さんが慎剛さん33才。弟さんが賢史さん28才。ふたりは、いつもいっしょに防水工事を担当しているそうです。

防水工事の仕事は、何年になりますか?

「はい。この仕事は、僕が11年で、弟は5年です、はい。あ、僕も弟も熊本から出てきて、ずっとへーベルハウスの仕事ですね。はい。」

施工するのは屋上だけですか?

「そうですね。屋上、ベランダ、屋根。防水シートを貼るのは屋上とベランダになりますね。あと、屋根の施工も担当します。はい。

今日の作業ですか?えーと、そうですね。これからやるのは、主に手すりの架台部分、TCRっていうんですけど、それを取りつけて防水する作業ですね。はい。シリコンコーキングで防水します。

工期は、そうですね。だいたい2日から4日間くらい。大きな現場になると1週間くらいですか。

お客さんですか?そりゃ、見に来てくれると、うれしいですよ。でも、工期が短いじゃないですか。なかなか機会に恵まれなくて(笑)。ほかの工程に比べると、見に来られる機会は少ないかもしれないですね。」

仕事は、夏と冬、どっちが大変ですか?

「夏はフライパンの上にいるみたいですからね。それこそ目玉焼きができちゃうくらい暑いですよ、やったことないですけどね(笑)。でも、冬は冬で、塩ビのシートが硬くなりますから、やっぱり大変は大変ですよね。楽できないのは、何の仕事でも、いっしょだと思いますけど。」

仕事のときは、いつも弟さんといっしょですか?

「はい。いつも、ふたりですね。兄弟ですから、まぁ、仕事は、やりやすいんだと思います。でも、立場上、弟には負けられないっていう部分もあったりしますから(笑)。」

弟さんはいかがですか?

「いや、はい(笑)。やっぱり、えぇ。勝ち負けじゃないですけど、負けないように仕事してます(笑)。この仕事、家ができちゃうと見えなくなっちゃうところばっかりなんで、気を抜けないっていうか・・・。

はい、そうです。検査も厳しいっていうか、基準が高いところにあるんで。」

仕事以外でもいっしょのことが多いんですか?

「はい。住んでるところも、クルマで2、3分のところで、近いんですよ。だから、食事に行ったりとか、家族ぐるみのつき合いですね。

いやぁ(笑)。ふだんは、仕事の話とかは、あんまりしないです。現場では、段取りとか、仕事の話はよくするんですけど、食事のときとかは、仕事と、また違うんで。家族もいっしょですし。」

お兄さんは、6才の女の子と4才の男の子のお父さん。弟さんは、昨年4月に結婚したばかりの新婚さんだそうです。次の現場は、兄弟それぞれの自宅がある滋賀のほうになるそうです。

INDEX