考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

共働き子育て家族の住まい

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

延床30坪をクロスフロアで広々と。ビンテージ家具を楽しむ暮らし

  • オープンな設計のダイニングキッチンは、水回りを近くに配置し家事動線にも配慮。壁一面にグレーのサブウェイタイルを貼り、シックな空間に仕上げました
  • 真鍮製のペンダントライト、アイアンの飾り棚はお気に入りのアイテム。コンセントも色を同系に揃えて。小物やグリーンを飾ってインテリアを楽しまれています
  • 吹き抜けで1・2階がつながる明るく開放的なプラン。気密・断熱性が高いため、夏はエアコン1台で涼しく、冬も床暖房だけで十分快適に過ごせるそう
  • この家に合わせて購入した北欧ビンテージのソファがぴったり収まる設計。家全体の床は無垢材のフローリング、素足で過ごすことが多いそう
  • クロスフロアの勉強スペースは、天井高が3.2m。1・2階に視線が斜めにつながり、スペース以上の開放感が得られます
  • 子どもたちが巣立った後は、ここをセカンドリビングに。壁面をプロジェクターに利用してホームシアターにする予定、とご主人
  • クロスフロア下は、3畳のタタミスペース。床をあえて15cmあげ、こもり感のある空間に。照明も奥に埋め込み、天井面をすっきりと
  • 子ども部屋は最小限のサイズでコンパクトに。ブルーのアクセントクロスや天蓋などでおしゃれで楽しい雰囲気に
  • 玄関ホールにも真鍮製のペンダントライトや家具を採用。サブウェイタイルは目地幅を広げてくっきりとした印象に
  • ブラウン系外壁色の落ち着いたファサード。シンプルな外構もさりげなく施主のセンスが光ります。総2階のシンプルな箱の内側には、変化に富んだ豊かな空間が広がります

「室内を広く活かし、元気いっぱいな子どもたちと楽しく暮らせる間取りを」そう考えられていたK様ご夫妻が選んだのは、クロスフロア(中2階)のある住まい。1階リビング上部を吹き抜けとし、階段途中のクロスフロアを子どもたちの勉強スペースとするプランを採用。子どもたちの様子が分かると同時に、視線が斜めに抜ける開放感や、窓から降り注ぐ光で1階まで明るい設計です。共働きの家事動線に配慮したプランの他、特にこだわったのがインテリア。使い込まれた風合いや手触りが好みのご夫妻。床の無垢材や壁のサブウェイタイルなど、色や質感を吟味して一つひとつセレクトされました。「大好きなモノに囲まれ、家で過ごす時間が楽しみになりました」

【所在地】埼玉県 K邸    【家族構成】夫婦+子ども2人
【デザインモデル】新大地  【延床面積】102.24㎡(30.9 坪) 【敷地面積】132.34㎡(40.0 坪)

他の「 共働き子育て家族の住まい 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • 【お忙しい方にお勧め】展示場ご来場予約WEB予約を頂いた方にはご来場時の特典もご用意!

  • 実家のこれから相談会「実家活用ガイドブック」5冊セットをプレゼント!

  • HEBEL HAUS STYLE STORIES多彩なインテリアスタイルを豊富な写真でご紹介。

  • マガジンへーベル好評連載中
  • 各種ご相談
  • プランニング相談
  • 全国の展示場
pagetop