二世帯住宅研究の調査データ 夫婦の意識と交流 世代とともに夫婦の価値観が変化
ロングライフ住宅 ヘーベルハウス 二世帯住宅研究所 資料請求
  HOME > 二世帯住宅 研究所 > 調査データ > 夫婦の意識と交流 > 世代とともに夫婦の価値観が変化
世代とともに夫婦の価値観が変化

●あなたは離婚についてどう考えますか。

あなたは離婚についてどう考えますか

離婚についての考え方をお聞きしました。親世帯は「まったく望ましくない」、子世帯は「問題ある結婚生活を続けるよりも離婚した方がいい」という意見が断然トップ。これは世代とともに結婚観が変化していることを物語っています。
 離婚容認派は特に子世帯奥様に多く、イザとなったら女性の方が思いきりのよさをみせるのかもしれません。


●夫婦円満のためには、どのようなことが大切だと考えますか。

夫婦円満のためには、どのようなことが大切だと考えますか

では、離婚を避けるため、さらによりよい関係を築くための、夫婦円満の秘訣について尋ねてみました。(1)普段から良く話をする(2)不満をためない(3)家事や仕事のねぎらいの言葉をかけるの順で、言葉によるコミュニケーションが上位3つを占めたことは注目に値します。
 意外なのは、「プライバシー」で親世帯が高いこと。1日中一緒に過ごすことが多いために、プライバシーの重要性を感じているのかもしれません。
 夫婦の数だけさまざまな関係があります。このアンケートにみられる他の夫婦と比較しながら、ご夫婦で話し合ってみてはいかがですか?

←前のページへ 目次へ戻る