ロングライフ

未来を見つめる家があります。

いいものを永く使う。
それは、とてもとても素晴らしいこと。
だけど、それが5年や10年でなく、
半世紀を超えるほどの未来まで使われている
姿を想像できるでしょうか。

たとえば、いちばん永く使うモノとしての家。
ヨーロッパでは、住宅は100年もつものと
考えられています。
ところが日本の住宅の平均寿命は、
わずか約30年とも言われています。

ヘーベルハウス築後30年の残存率 は、『90%以上』。

1972年に最初のヘーベルハウスが
建てられてから、約40年。
私たちの「ロングライフ住宅」への想いは
この驚くべき数字となって証明されています。

家は消費するのではなく、
愛着と満足をもって次へと受け継がれるべきもの。

あなたがヘーベルハウスを建てるその気持ちを、
未来への想いとして次の世代へと受け継ぐために。
私たちヘーベルハウスは、これからもずっと
「ロングライフ住宅」を見つめ続けていきます。

※一部のコンテンツは、PCサイトでの閲覧となります。

  • 住宅展示場
  • カタログ請求
  • プランニング相談