消費税増税の住宅購入への影響

  • 減税・控除
  • 金利
  • 補助金

補助金制度の活用

国や地方自治体などの団体が、住宅に関する様々な補助金制度を実施しています。

近年よく見られる補助金制度として、省エネに代表される「環境を配慮」した設備・機器の導入に関するものがあげられます。代表的なものに 国の再生可能エネルギーの固定価格買取制度があります。

これは再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気をその地域の電力会社が一定価格で買い取る事を国が保障する制度です。

※制度を利用する為には、国の設備認定を受ける必要がありますので注意が必要です。

他にも地方自治体の制度として、太陽光発電システムの設置や、エネルギー効率の良い給湯器の設置、屋上緑化、壁面緑化に対しての補助金制度もあります。

また、安全性や高齢化への対応として、耐震化やバリアフリー化などリフォームに関する補助金もあり、地方自治体で多く実施されています。

補助金は多くの場合、国や地方自治体などが補助金の条件を発表し、一定期間の「募集」を行います。補助金の希望者は、その募集期間の間に応募します。

補助金を受けるための条件も様々あり、例えば、地方自治体が実施している補助金制度では、その地方・地域に居住または居住予定であることや税金を滞納していないことが一般的な条件になります。

なお、補助金の「募集期間」内であっても、応募多数の場合には早目に受付が終了する場合があります。

利用したい補助金がある場合には、早目の応募がおすすめです。

ただし、あせって補助金の条件に適合しない機器の設置やリフォームを行い、補助金が利用できないということにならないよう、条件について、補助金制度の窓口に問い合わせておくことも大切です。

(※2018年12月15日現在の情報です。)

住宅購入について専門家に相談したい方はこちらから住宅展示場検索
  • 住宅展示場
  • カタログ請求
  • プランニング相談