CSRの取り組み

旭化成ホームズグループは、全旭化成グループの一員として、法令などの社会的規範、社内規程等を遵守するとともに、人権、地域の文化・慣習を尊重し、また、高い倫理観に基づいて行動することにより、世界中の人びとから信頼される企業であり続けます。

コンプライアンス・RC推進部長メッセージ

コンプライアンス・RC推進部長 比留間 正宏

コンプライアンス・
RC推進部長
比留間 正宏

旭化成ホームズグループが取り組む「新築請負/ヘーベルハウス・ヘーベルメゾン」「リフォーム」「不動産関連」の各事業は、「ロングライフ」という考え方を軸に展開してきました。この「ロングライフ」という言葉には、私たちの多くの想いが込められており、「旭化成ホームズグループCSR方針」においても重要なキーワードとなっています。
私たちは、今後このCSR方針をより強く意識しながら、従来から取り組んできたさまざまな活動をさらに推進していきます。昨年度は、「コンプライアンス」「RC(労働安全・品質保証・環境保全・社会コミュニケーション等)」「人財マネジメント」等、CSR観点の要素で構成されている「旭化成グループ行動規範」を全社員が深く理解する年としました。全国各部場で読み合わせが行われ、その内容の重要性を再認識することができました。そして、この実践こそが、すべてのステークホルダーの信頼につながる第一歩だととらえています。また、社会の関心、要請が増しているSDGsターゲットの多くが我々の事業に関連しており、ESGと併せて、さらに意識を強くして事業推進を図っていきます。弊部の扱う業務は、CSRに関係する多くの重要な要素を占めており、改めて重責を実感しています。関連部署と連携を図りながら、さらにCSRの実践・推進に取り組んでまいります。

旭化成ホームズグループのCSR活動の展開

旭化成ホームズグループはさまざまなステークホルダーと関わっており、その声を聴きながら社会課題を解決し、新たな価値をもたらす商品やサービスを提供しています。また、事業活動を推進するにあたって基盤となる企業としての責任を全うし信頼される企業であるために、法令遵守や環境保全などの取り組みにも注力しています。そういった新たな価値の提供と企業として信頼される基盤づくりを行うための活動全体をCSR活動と考えています。CSR活動を推進するにあたって、当社はCSR方針とガバナンス体制のもと積極的にCSR活動に取り組み、“人々に必要とされ、感謝され、愛され続ける企業”を目指しています。

事業活動を通じての環境・社会への貢献

コンプライアンス

旭化成グループは、旭化成株式会社の社長を委員長とする「リスク・コンプライアンス委員会」を設置し、グループのリスク管理とコンプライアンスに関する方針の策定や関連事項の審議を行い、グループ全体のコンプライアンスの推進に努めています。

私たち旭化成グループは、“CS for Tomorrow2018”の中での3つのC(Compliance、Communication、Challenge)を掲げ、そのなかでもコンプライアンス(Compliance)の徹底においては、「現場」に赴き、自らの目で「現物」を確認し、「現実」を知るという「三現主義」を徹底し、社会から常に信頼される企業を目指しています。

“三現主義”の実践

旭化成ホームズグループにおいても、旭化成グループの方針に準じ、旭化成ホームズおよび関連会社におけるコンプライアンスの社内浸透やコンプライアンスリスクの把握と管理、教育等の展開を行っています。

旭化成ホームズのコンプライアンス教育

対象者 研修内容
新入社員 コンプライアンスとは何か?
具体的な事例をもとに必要なコンプライアンス知識を習得する。
新任課長 コンプライアンスとは何か?
環境変化認識促進、上司として必要な知識を習得する。
課長以上の職責者 職責者として必要なコンプライアンスに関する知識を習得する。
支店長 関連法規、コンプライアンスのためのマネジメントについて学習する。

旭化成グループ行動規範

2017年4月、あらためて社員のコンプライアンス意識を深めるために「旭化成グループ行動規範」を策定しました。この行動規範は、社員一人ひとりが、コンプライアンスを重視し事業を遂行するうえでの行動上の判断基準を具体化したものであり、拠り所となるものです。社員が深く理解し、部場に確実に浸透させるため、旭化成ホームズグループのすべての部場で職場単位での読み合せを実施しました。今後も新入社員等への教育も含め、浸透のための活動を継続して行っていきます。

旭化成グループ行動規範の概要

コンプライアンス活動の展開

旭化成ホームズのコンプライアンス推進は、総務部、人事部をはじめとする本社スタッフ部門が日々の管理を行っており、その活動の実施状況と法令の遵守状況を、コンプライアンス・RC推進部が監視しています。また、コンプライアンス・RC推進部は、本社スタッフ部門が把握しているそれぞれのコンプライアンスに関するリスクを集約し、旭化成ホームズ全体のリスクとして管理を行っています。
関連会社にはリスク・コンプライアンス責任者・管理者を選任・配置し、リスクおよびコンプライアンスの管理を行っています。

リスクの洗い出し

各本社スタッフ部門および関連会社にて洗い出したリスクを定期的に集約し、旭化成ホームズグループとしての重大リスクの見直しを行い、必要な対応を行っています。

内部通報制度

旭化成グループは、コンプライアンス違反に関する情報を速やかに把握し対策を講じることを目的として、2005年から内部通報制度をグループ内共通の制度として運用しています。通報・相談は匿名・実名どちらでも受けつけており、イントラネットもしくは封書(指定する弁護士事務所宛)の方法があります。また、通報者に対して通報を理由とした不利益な取り扱いが行われないための措置を講じています。2015年度からは、お取引先の従業員の方も同様の通報・相談ができるように仕組みを拡大、2017年度には、行動規範策定の案内と併せ再告知を行い、旭化成ホームズグループ全体で2000社弱のお取引先への展開を行いました。

内部通報制度の運用例

CSRマネジメント

旭化成ホームズグループのCSR活動は各テーマを担当する専門部署を中心に実施されています。それぞれの活動計画および結果は責任者や経営層によって審議・承認され、必要に応じた指示が行われます。また、活動の進捗や結果について親会社である旭化成株式会社の各専門部門に報告されます。

コンプライアンス・RCに関するマネジメント体制

当社のCSR活動の多くのテーマを管理しているのがコンプライアンス・RCの仕組みです。レスポンシブル・ケア(RC)活動とは、主に化学物質を扱う企業がその開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るまで「環境・安全・健康」を確保し、成果を公表することによって社会とのコミュニケーションを図る活動です。
ケミカル事業を行う旭化成グループでは、グループの全事業領域においてRC活動を実施しています。旭化成ホームズグループでは、協力業者様も含めてRC活動を行っています。コンプライアンスの推進とRC活動をコンプライアンス・RC推進部により管理しています。

コンプライアンス・RC体制図(旭化成ホームズ)

目標管理

CSR活動のうち、環境について目標管理を実施しています。「脱炭素社会に向けて」「循環型社会に向けて」「自然共生社会に向けて」の3つをテーマとして関連部門やグループ関連会社が目標を設定しています。目標設定および活動、評価等を事務局である環境・渉外技術部がサポートし、毎年4月に各部門が設定する環境目標の達成状況は全社の「経営会議」「環境委員会」「実務者会議」および環境・渉外技術部が実施する「環境業務確認会」により確認されます。

RC大会の様子

RC大会の様子

RCの取り組み

RCの取り組みは、テーマごとに全社活動を設定し、各部門において活動を実施しています。活動の設定状況、実施状況は年に2回実施する「RCヒアリング」において確認しています。RCヒアリングは、コンプライアンス・RC推進部が「環境・安全・健康」の活動状況の確認や情報の提供、アドバイスを実施するものです。2017年度は、各営業本部(9本部)、旭化成不動産レジデンス、旭化成リフォーム、旭化成住工を含む関連会社7社の計16カ所でヒアリングを実施しました。この結果は当社の活動成果として承認されるとともに、旭化成株式会社が旭化成ホームズを含む各事業会社や支社に対して行っている「RC監査」や「RC委員会」「RC推進会議」により、旭化成グループ全体で確認・評価されます。

  • あさひ・いのちの森
  • 自然に寄り添う暮らし しぜんごこちのくらし
TOPへ戻る