旭化成ホームズグループとSDG

旭化成ホームズグループとSDGs

SDGs(SustainableDevelopmentGoals)
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。

旭化成ホームズグループは、60年以上の長寿命を誇る「ロングライフ住宅:へーベルハウス」を提供し、居住されている方々の長期間にわたる快適で安全な暮らしを支援しています。そしてそれは、SDGs(SustainableDevelopmentGoals)の理念にも通じるものです。旭化成ホームズグループはこれからも、多くの取り組みを通して、社会の持続的な発展に貢献していきます。
へーベルハウス本体においては、高い断熱性能やエネルギー消費を最適化した設計により、気候変動対策に取り組んでいます。また、建設現場・資材工場における廃棄物削減の取り組み、あさひ・いのちの森をはじめとする生物多様性保全の取り組みによって、地球環境の保護に努めています。
居住されている方々に対しては、定期的な点検を通して快適な暮らしを支えます。また、コミュニティ形成などの付加価値を持たせることによって賃貸住宅の運営の安定化を図ります。これらの活動は、都市での持続的な暮らしづくりに貢献するものです。
その他にも、子ども向けの環境啓発活動、大学を通じた若い技術者への支援、すべての社員がいきいきと能力を発揮しながら働くための仕組みづくりなどに取り組んでいます。

気候変動対応

>>脱炭素社会へ向けて

旭化成ホームズグループは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及拡大をはじめ、さまざまな活動を通して、CO2排出の削減から脱炭素社会の実現に取り組んでいます。

廃棄物削減

>>循環型社会へ向けて

旭化成ホームズグループは、事業活動に伴って発生する廃棄物の削減とリサイクルを推進しています。
また、施工現場では廃棄物削減のための取り組み「AHS-oneプロジェクト」を積極的に継続しています。

生物多様性保全

>>自然共生社会へ向けて

旭化成ホームズグループは、生物多様性を保存するとともに、地域の良好な自然環境の維持に取り組みます。

高品質な住宅でまちづくりを支えます

>>お客様のために
>>より良い品質のために

旭化成ホームズグループは、高品質で長寿命な住宅を提供し、居住されている方々に、生涯にわたり安全・快適な暮らしを実現していただくことで、持続的なまちづくりに貢献します。


地域とのコミュニケーションを深めます

>>高付加価値賃貸住宅

旭化成ホームズグループは、地域の皆様とのつながりを保ち、地域の発展に貢献するとともに、賃貸住宅を通じた新たなコミュニティの形成も支援しています。


働く人とともに成長します

>>社員とともに

旭化成ホームズグループは、すべての社員が自らの能力を開発・発揮するためのさまざまな制度の整備を進めるとともに、ワークライフバランスの最適化にも取り組んでいます。

  • あさひ・いのちの森
TOPへ戻る