特集1 持続可能な都市のくらしづくり

特集 持続可能な都市のくらしづくり

Part3 都市の新たなコミュニティ形成 高付加価値賃貸住宅

人が住まいに求めるものは、ライフスタイルやライフステージによって異なります。
価値観が多様化し、さまざまな暮らし方が共存する現代においては、利便性や家賃などの判断基準だけではなく、自分なりのこだわりを満足させることができる住まいを探す人が増えてきています。
旭化成ホームズが提供する付加価値型賃貸住宅の「付加価値」とは、入居者のコミュニティ形成のサポートやライフスタイルの提案を通じ、より自分らしく、安心して暮らせる環境を提供すること。
人生のステージに応じて、単身女性向け、共働き二人世帯向け、子育て支援、ペット対応、シニア向けなど、さまざまなタイプを展開。
入居後のフォローやサービスなどソフト面を充実させることで、ハード面だけではない満足度の向上につなげています。

女性のためのあんしん共有賃貸

ひとり暮らしの女性が安心して快適な生活を送れるように、「安心の見える化」に取り組んでいる賃貸住宅。プライバシーと防犯性を高めた設計はもとより、駅からの帰り道などを含む立地の選定やルールに則った入居者募集など、女性を守るための配慮を徹底しています。
エントランスに設けられた共用スペース「おかえりラウンジ」で一息つけたり、ほかの入居者の雰囲気が感じられるなど、ゆるやかなコミュニティづくりも心がけています。

シニア向け賃貸

元気なシニアが都市でアクティブに生活するための賃貸住宅。シニアが生活しやすい広い廊下や、エレベーターや共有ホールの設置など、入居者どうしがゆるやかにつながることができる環境を整えています。
居室内には段差がなく、トイレや浴室には手すりを完備したバリアフリー設計。月に一度の社会福祉士による訪問や、看護師との電話による24 時間健康相談、医療機関との連携など、入居者の不安に応える体制も整えています。

ペット共生型賃貸

単なる「ペットを飼える」賃貸住宅ではなく、「ペットとともに生きる」ための賃貸住宅。すべての入居者がペットと快適に生活できるよう、入居にあたっては一定の審査を行うだけでなく、入居後も獣医やペットトレーナーのサポートを受けられたり、イベントを実施するなど、ペットを通じたゆるやかなコミュニティづくりもサポートしています。

共働き夫婦向け賃貸

それぞれの時間を尊重しながら、一緒に過ごす時間も大切にする。そんな二人の暮らしを実現する賃貸住宅。
共働き夫婦のライフスタイルを徹底的に調査・分析し、従来の代表的な1LDK・2LDK と同じ面積にもかかわらず、共働き夫婦が暮らしやすい間取りを実現した、新しいコンセプトの賃貸住宅です。

子育て共感賃貸

「子育ての不安や悩み、楽しさや喜びを共感しあう」ことを目指した賃貸住宅。実際に子育て経験を持つ女性の皆さんの声を聞きながら開発を進め、コミュニティが自然に育まれ、入居者家族や地域が助け合って子育てができるサポート体制を整えました。
「いままでにないくらい毎日が楽しい」と、子育て家族からご好評をいただいています。

高耐久住宅のへーベルハウスは、戸建も賃貸も同品質で、人生百年時代の人々の暮らしを守ります。へーベルメゾンに暮らしていた方々が、ヘーベルハウスを建て、へーベルハウスに長く住んできたシニアがへーベルVillageに移り住む、そんなシーンもめずらしくなくなりました。
長くなった人生を支える住宅は、それをつくり運営する会社もまた、確実に継続していくことが大切だと考えます。賃貸住宅オーナーの長期計画をサポートする30年一括借り上げシステムも、旭化成ホームズが大手ハウスメーカーの中で最初期に始めたシステム。それは、30年後も事業が継続している自信の表れのみならず、ライフステージ全体をサポートして、都市での快適な暮らしを実現する、私たちの決意表明でもあるのです。

  • あさひ・いのちの森
  • 自然に寄り添う暮らし しぜんごこちのくらし
TOPへ戻る