印刷はこちら

News Letter
平成30年10月4日
旭化成ホームズ株式会社

2018年度グッドデザイン賞受賞
街かどヘーベルハウス豪徳寺モデル「東京一軒屋-はなまねき-」

旭化成ホームズ(株)(本社:東京都 新宿区、代表取締役社長:川畑 文俊)は、当社のデザイナー集団「東京デザインオフィス」が手掛けたへーベルハウスの建売戸建住宅「東京一軒屋‐はなまねき‐」が公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2018年度グッドデザイン賞」を受賞しましたので、お知らせします。


本物件は、当社が住宅街にコンセプトモデルを建設し建売住宅として販売する取り組み「街かどヘーベルハウス」の1つです。豪徳寺モデルは、東京都世田谷区の約24坪の敷地に「日常が花と緑の豊かさに包まれる心地よい居住空間」を目指し、花や緑をきっかけに、街の人と家族、街並みと建物がつながるようにという想いから「東京一軒家-はなまねき-」と名付けました。室内デザインに「緑の葉影が美しいペンダント照明」や「一輪挿しテーブル」など彩りゆたかなアイテムをふんだんに採用したほか、「はなまねきウォール」と名付けた棚状の植栽が敷地境界を緩やかに仕切るなど、緑豊かな外構デザインも特徴です。

審査委員による公開コメントでは、「通りに面してプランターの棚を設え、内側に緑に囲まれたテラスを作ることで適度にプライバシーを守りながらも街に開いた魅力的な住宅が実現されている。プランターの棚は塀ほどに閉鎖的でもなく、生垣よりは安心感のある囲い方となっていて、住環境を良くするだけでなく魅力的な街並みを作るのにも寄与しているのが良い。道路に面した住宅の建ち方として一般性のある提案になっている。」とされています。


なお本物件は、ADDReC(株)と青山フラワーマーケットを運営する(株)パーク・コーポレーションの空間デザイン事業部parkERs(パーカーズ)をデザインパートナーに迎え、当社の東京デザインオフィスが設計を手がけました。

Ⅰ.花と緑で街や人と繋がる外構デザイン

Ⅱ.花と緑を身近に楽しむ屋内デザイン

Ⅲ.物件概要

【ご参考】

東京デザインオフィス ウェブサイト「東京一軒屋 はなまねき」紹介ページ

http://hebel-tdo.com/tdo/goutokuji/index.html/

グッドデザイン賞 ウェブサイトでの紹介ページ

https://www.g-mark.org/award/describe/47843?token=A9kbd6f3va

<本件に関するお問い合わせ先>

〒160-8345 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-3344-7115 (FAX)03-3344-7050 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る