ハイパワードクロス

大地震に立ち向かう鉄の叡智、X(クロス)の骨格

想定される地震リスクに、正面から立ち向かう。
そんなものづくりの信念から生まれた、唯一無二の住まいの骨格。
それが、ヘーベルハウスの制震フレーム「ハイパーワードクロス」です。
鉄という素材がもつ特性を徹底的に引き出すことによって生まれたX状のフレームと、その中央部の制震デバイスには、繰り返し起こる大地震をも耐え抜くための知恵と技術が凝縮されています。

独自のハイテク素材を採用した、
「X(クロス)」の要。

「ハイパワードクロス」の中央部にある制震デバイスには、「極抵降伏点鋼(ごくていこうふくてんこう)」と呼ばれる特殊鋼材を採用。通常の鋼に比べて破断しにくく粘り強い、地震エネルギー吸収力に富んだハイテク素材です。この制震デバイスと、座屈を抑える斜材と横材の2段の組み合わせにより、独自の制震テクノロジーを実現しています。

地震後の住まいの品質まで考えた、次世代耐震性能。

ヘーベルハウスが誇るX状の制震フレーム「ハイパワードクロス」。その数を、従来よりもさらに増強。単に建物が倒壊しないというだけでなく、損傷を抑える特性をもち、建物としての価値を保持。大地震に対しても十分な余力を持った耐震性能を発揮します。

このページのトップに戻る▲