超高齢社会で求められるのは、元気なシニア向け賃貸住宅です

高齢者数の多い日本でも、その約8割が介護認定を受けていない「元気なシニア」です。現在のシニアの住まいは、自宅のままか介護施設かの二者択一で、自立したシニアが自分らしく過ごせる住まいが足りません。
私たちはその現状に着目し、シニア向け安心賃貸住宅「ヘーべルVillage」事業に15年以上取り組み続けてきました。
その管理・運営経験から得た知見を、 安心・安全に暮らすためのサポート体制や100の設計指針に生かし、健康長寿に配慮した住まいとして、ご入居者の満足とオーナー様の長期安定経営を実現しています。

ヘーベルVillageが求められる理由

65歳以上の約82%は元気な高齢者

65歳以上で介護認定を受けている人の割合は、高齢者全体の約18.3%です。つまり高齢者の約8割は「元気なシニア」。 今後も介護が必要な高齢者が増えていく以上に、元気なシニアもその数を増やしていくことが推測されます。

出典:厚生労働省「平成30年度 介護保険事業状況報告(年報)のポイント」を抜粋して作成

ヘーベルVillageの位置づけ

高齢者向けの住宅・施設には、医療・介護の依存度や、自立生活のレベルによって多様なカテゴリーがあり、老人ホームのような施設から、高齢者専用の賃貸住宅、そして認知症の高齢者が共同生活を送るグループホームなどがあります。ヘーベルVillageは自宅より安心・安全、健康長寿に配慮した「住まい」です。

へーベルVillage
15年以上の管理・運営実績オーナー様・ご入居者に選ばれて、
喜ばれて、年々伸び続けています。

オーナーメリット

成長市場に向けた賃貸住宅
今後ますます増加する元気なシニア層をターゲットにした賃貸経営は数少ない成長市場。一般の賃貸住宅と競合しにくい企画です。
差別化による高い入居率
独自の市場分析と入居者の声のフィードバックによりシニアのニーズに対応。不便・不安な自宅や介護施設からの住み替えや家族の呼び寄せで選ばれています。
旭化成ホームズによる
万全な募集・管理体制
入居者募集・審査から管理・運営まで、旭化成ホームズが一貫してサポートし、ご入居者の安心・安全とオーナー様の安定経営を実現します。
リモート土地活用

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。