「社会福祉士などの相談員による月1回の定期訪問」を中心とした人による見守りと、「緊急通報ボタン・ライフリズムセンサー」の設備による見守りをパッケージ化したサポート体制。ご入居者の変化を察知し対応する独自の管理体制で、ご入居者の暮らしをサポートしています。

ヘーベルVillage暮らしの見守りサービス

生活・健康相談サービス(月1回)/ オンライン面談の導入

社会福祉士などの相談員による毎月1回の定期訪問。
①健康状況 ②生活(ADL)状況 ③社交性・家族状況 等の視点で面談をおこなっています。
ご希望のご入居者にはオンライン面談を実施しています。

見守り・駆けつけサービス

24時間365日対応の緊急通報システムを導入。体調の急変時などに緊急ボタンを押せばガードマンが駆けつけます。また、在宅中に一定時間、トイレの使用も外出もない場合、ライフリズムセンサーで検知、警備会社に自動通報し、ガードマンが駆けつけます。

茶話会 / 医療イベント(半年に1回)

ご入居者の生活に役立つ情報の提供を半年に1回実施 。 お部屋にいながら参加できるオンライン茶話会も開催し、ご入居者同士のコミュニケーションの場にもなっています。 連携医療機関によるインフルエンザ予防接種などのサービスもおこなっています。

※物件によります

電話健康相談

警備会社に常駐している看護師に、コントローラーを通じて24時間365日、健康に関する相談ができるため、持病などがある方でも安心です。

選択サービスの導入支援

必要に応じて以下のサービスの導入支援をします。
■家事代行サービス  
■訪問介護・訪問看護サービス
■訪問診療サービス  
■ 介護施設の情報提供サービス

※ご入居者により自由契約で別途事業者と直接契約いただきます。

ご入居者の声

娘の近くへ引っ越して、娘家族との交流を楽しんでいます 
【女性お一人住まい(70代)】
夫が他界した後、近くに住んでいた次女と毎日のように行き来していましたが、次女が都心に引っ越したのをきっかけに、その近くのヘーベルVillageに引っ越しました。
ここから次女の新居までは自転車で7分の距離。毎日のように娘家族との交流を楽しんでいます。
築50年近い戸建て住宅は、庭の手入れがとにかく大変でした。今は庭の手入れに悩まされることなく、満足しています。
夫婦二人の新生活を謳歌しています 
【ご夫婦お二人住まい(70代)】
両親の介護を20年して大変でした。その経験から、自分たちは早めの終活をしようと思いました。5人家族で住んできた戸建住宅は、夫婦二人には広すぎると感じていたところ、夫が体調を崩し「近くにいてくれた方が安心だから」と息子が誘ってくれたのをきっかけに転居を決めました。
家の売却をどう進めるか不安でしたが、旭化成ホームズの方が本当によくサポートしてくれ無事売却することができました。
リモート土地活用

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。