HOME > 商品ラインナップ > 賃貸併用住宅 > ローン返済額 徹底比較

賃貸併用住宅 ローン返済額 徹底比較!

賃貸併用住宅と自宅だけの場合、ローン返済額はどのくらい違うのでしょうか?

3階建の賃貸併用住宅を建築したAさんのケースと2階建の自宅のみを建築したBさんのケースを、初年度収支で比較してみました。

3階建の賃貸併用住宅を建築したAさんの場合

2階建の自宅のみを建築したBさんの場合
 

自宅(4LDK)+賃貸(1LDK×6戸)の
3階建 賃貸併用住宅
敷地面積 300m2
建ペイ率 60%
容積率 200%
ローン 固定金利、元利均等30年返済、金利1.5%で計算
家賃

賃料

合計
10万円

684万円/年

(空室率5%として、敷金・礼金含まず)
2階建の自宅(4LDK)
 
敷地面積 300m2
建ペイ率 60%
容積率 200%
ローン 固定金利、元利均等30年返済、金利1.5%で計算

これから30年、ローンもが大変だなあ。 4000万円の建築費でローンも3000万円の借り入れか。ちょっと大変だけど、夢のマイホームのためにがんばろう!

自宅部:賃貸部の面積比=1:2
建築費:1億3700万円
ローン借入額:1億2700万円

  • ※概算建築費には消費税、登記・保険等、諸費用を含みます。

建築費:4000万円
ローン借入額:3000万円

  • ※概算建築費には消費税、登記・保険等、諸費用を含みます。

おや?さっそく年間684万円も家賃収入が!新築の自宅を手に入れたのに、ローン返済や諸経費を差引いても、年間所得が62万円あるんだ! ローン返済額は139万円。もちろん家賃収入はないからあわせて149万円の負担だ・・・。

  1. 1.年間収入:684万円
  2. 2.年間支出(ローン返済):567万円
    (税等諸経費※1):36万円
  3. 3.年間所得額(1−2):81万円
  1. 1.年間収入:0万円
  2. 2.年間支出(ローン返済):124万円
    (税等諸経費※1):10万円
  3. 3.年間所得額(1−2):−134万円

確定申告で、ローン利息や減価償却費を必要経費として計上できた上、さらに不動産所得がマイナスになる場合も。 自宅だけだと必要経費にもならないのか・・・。

賃貸部分にかかるローン利息や減価償却費などは必要経費として計上できます。
諸経費が多い初年度などは、税務上、不動産所得がマイナスになることもあります。

所得から差し引ける必要経費は特になし。

不動産所得が赤字になった年は、給与所得と「損益通算」して所得税まで軽減されることに! 賃貸経営にも興味があったし、ローン負担も軽くなるんだったら賃貸併用にすればよかったかもなあ。

はじめての賃貸経営をサポートするバックアップ体制も万全の賃貸併用住宅を考えてみませんか?

  1. ※1.建物固定資産税・都市計画税を含む。ただし不動産取得税・土地にかかる税金、管理費等は含みません
  2. ※2.賃貸部ローン利息、減価償却費、建物の固定資産税・都市計画税、火災保険料を含む。(この他、必要経費として算入できるものとして、賃貸部にかかわるローン諸費用、登記費用、修繕費などがありますが、ここでは含んでいません)
  • モデルルームを見に行く
  • 窓口で相談する
  • 窓口で相談する

土地活用・賃貸経営に役立つ資料をプレゼント

土地活用・賃貸経営に役立つ資料をプレゼント

ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。