賃貸併用住宅Q&A

建て替えたいけれどローン返済が心配です。

ローンを利用してわが家を建て替えようとすると、毎月のローンは大きな負担になります。
しかし建物の一部に賃貸スペースを取り込んだ賃貸併用住宅なら、賃貸部分から得られる賃貸収入をローン返済にあてることが可能です。
しかも一般の賃貸住宅と同様に、各種税金の軽減が受けられます。ご主人がサラリーマンなら、給与所得にかかってくる所得税や住民税も節税することができます。

→詳しくはこちら

賃貸経営は初めてなので心配。それに空室になったらどうしよう・・・

「賃料が下がって採算が合わなくなるのでは」「築年数が経つと入居者が集まりにくくなるのでは」…そんな不安を解消し、長期的な安定経営を実現させるためのバックアップシステムが、HEBEL HAUSにはあります。
例えば「総合管理システム」は、入居者募集から賃料の徴収、苦情処理まで、わずらわしい管理業務をすべて代行するというもの。
また、賃貸住宅を一括して借り上げる「30年一括借上げシステム」は、空室の有無にかかわらず月々一定額の賃料収入が保証されます。

  • ※建築地、立地条件によっては、ご利用いただけない場合があります。

→詳しくはこちら

他人と暮らすことに抵抗があるのですが。

HEBEL HAUSの賃貸併用住宅なら、自宅部分と賃貸部分のアプローチやエントランスを別々にするプランニングにより、それぞれのプライバシーを守ることが可能です。
ライフスタイルによって住まい方を変えることもでき、例えば庭のある生活を楽しみたいという方には、1階に自宅部分、上階に賃貸部分を配置する「賃貸上階タイプ」がおすすめです。また採光や眺望を重視されるオーナーなら、上階に自宅部分を配置する「賃貸下階タイプ」などはいかがですか?

→詳しくはこちら

  • モデルルームを見に行く
  • 窓口で相談する
  • 窓口で相談する

土地活用・賃貸経営に役立つ資料をプレゼント

土地活用・賃貸経営に役立つ資料をプレゼント

ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。