旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

文献情報

医療従事者向けサイト

旭化成メディカルが携わるアフェレシス治療で使用される製品に関する文献をご紹介しています。

血漿交換療法に関する文献
持続緩徐式血液濾過(CRRT)に関する文献
腹水濃縮濾過再静注法(CART)に関する文献
吸着式血液浄化法に関する文献

血漿交換療法に関する文献

文献情報(プラズマフローOP)

1)新しく開発したポリエチレン膜血漿分離器の臨床応用.
広瀬 脩二 他.
人工臓器17(1): 332-5,1988
2)血液型不適合妊娠の免疫療法 最近の話題.
漆川 敬治 他.
Immunoheamatology 10(1):47-54,1988
3)悪性関節リウマチ(MRA)に対するDouble Filtration Plasmapheresisの治療効果の検討.
佐藤 隆 他.
Therapeutic Plasmapheresis(VIII)第8回関西血漿交換治療研究会抄録集合併号:264-9,1988
4)Double filtration plasmapheresis in Guillain-Barre syndrome and chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy.
Sakairi Y,et al.
Therapeutic Plasmapheresis(VIII):221-4,1989
5)Extracorporeal plasma treatment for extending the opportunity for kidney transplantation:ABO-incompatible and preformed antibody positive living kidney transplantation.
Takahashi K,et al.
Therapeutic Plasmapheresis(IX):116-22,1990
6)Plasma exchange and Leu 2a+ 15- cells in fulminant hepatitis.
Okuma Y,et al.
Therapeutic Plasmapheresis(IX):371-4,1990
7)比較的急速に腎不全に至った高齢者SLEの1症例.
安元 徳宏 他.
透析会誌23(6):617-21,1990
8)血漿交換療法と化学療法が著効を示した多発性骨髄腫の一例.
岡本 朋子 他.
第11回関西血漿交換治療研究会抄録集:39-41,1992
9)7年にわたり維持二重濾過血漿交換療法により心不全と貧血を管理した原発性マクログロブリン血症の1剖検例.
井上 清明 他.
透析会誌26(9):1549-52,1993
10)単純血漿交換、二重膜濾過血漿交換における免疫グロブリン除去率の比較.
田川 由美 他.
臨床神経37:410-2,1997
11)Extracorporel Hemorheotherapy of Refractory Angina Pectoris.
Tauchert M,et al.
Jpn. J. Apheresis 16(1):35-7,1997
12)Plasmapheresis in HLA-immunosensitized prior to kidney transplantation.
Alarab A,et al.
International J Artificial Organs 20(1):51-6,1997
13)A Study of the Efficacy of Plasmapheresis for the Treatment of Drug Induced Toxic Epidermal Necrolysis.
Yamada H,et al.
Therapeutic Apheresis 2(2):153-6,1998
14)Effects of Extracorporeal Hemapheresis Therapy On Blood Rheology.
Wikstrom B,et al.
J Clinical Apheresis 12:183-6,1997
15)病初期の抗ガングリオシド抗体陽性情報が治療に結びついたBickerstaff脳幹脳炎の1例.
冨保 和宏 他.
神経内科51:355-9,1999
16)Optimal Volume of Processed Plasma and Total Number of Selective Plasmapheresis Sessions in the Treatment of Patients With Severe Generalized Myasthenia Gravis.
J-H Yeh et al.
J Clinical Apheresis 14:177-80,1999

ページの先頭に戻る

文献情報(イムソーバ、イムソーバTR)

引用文献

1) Immusorba TR and PH.
Hirata N, Kuriyama T, Yamawaki N.
Ther Apher Dial 7(1):85-90,2003
2)多発性硬化症.
高昌星, 井上敦.
神経内科 42: 511-8, 1995
3)血漿吸着中に循環虚脱に陥った重症筋無力症の1症例.
野村岳志 他.
ICUとCCU 16 (9): 899-903, 1992
4)血漿交換療法の実際-重症筋無力症-免疫吸着カラムによる新しい治療.
渋谷統寿 他.
治療 66 (12): 49-55, 1984
5)Immunoadsorption therapy for myasthenia Neurol Neurosurg Psychiatry.
Shibuya N, Sato T, Osame M, Takegami T, Doi S, Kawanami S.
J Neurol Neurosurg Psychiatry 57(5):578-81,1994
6)Factors influencing outcome in Guillain-Barré Syndrome : comparison of plasma adsorption against other treatments.
Seta T, Nagayama H, Katsura K, Hamamoto M, Araki T, Yokochi M, Utsumi K, Katayama Y.
Clin Neurol Neurosurg. 107(6): 491- 6,2005
7)慢性関節リウマチ-免疫吸着剤(IM-P350)を用いた臨床治験-.
熊谷宗士, 井上昇.
Immunohaematology 7 (4): 448-51, 1985
8)関節リウマチにおける血漿浄化療法の検討-免疫吸着療法と白血球除去療法の比較-.
織部元廣 他.
日本アフェレシス学会雑誌 23 (第24回 日本アフェレシス学会学術大会(浦安)):S129, 2004
9)ループス腎炎に対する血漿交換、免疫吸着療法の有効性についての臨床的検討.
齋藤和義, 鈴木克典, 中田浩一, 海津嘉蔵, 田中良哉.
ICUとCCU 29 別冊号: S120-2, 2005

主要文献

・総説
10)Immusorba TR and Immusorba PH: basics of design and features of functions.
Yoshida M, Tamura Y, Yamada Y, Yamawaki N, Yamashita Y.
Ther Apher 4(2):127-34,2000
11)Plasma adsorption in critical care.
Yang KS, Kenpe K, Yamaji K, Tsuda H, Hashimoto H.
Ther Apher 6(3):184-8,2002
12)Extracorporeal immunoadsorption.
Yamazaki Z.
Therapeutic Plasmapheresis VI:113-21,1986
・重症筋無力症(TR-350)
13)重症筋無力症.
佐野光彦, 槍沢公明, 東儀英夫.
日本臨牀 50 増刊号「血液浄化療法(下巻)」: 337-44, 1992
14)Therapeutic immunoadsorption of acetylcholine receptor antibodies in myasthenia gravis.
Sato T, Ishigaki Y, Komiya T, Tsuda H.
Ann N Y Acad Sci 540:554-6,1988
15)Treatment of myasthenia gravis by immunoadsorption of plasma.
Grob D, Simpson D, Mitsumoto H, Hoch B, Mokhtarian F, Bender A, Greenberg M, Koo A, Nakayama S.
Neurology 45(2):338-44,1995
・ギランバレー症候群(TR-350)
16)ギラン・バレー症候群のトリプトファンカラムによる免疫吸着療法の検討-抗ガングリオシド抗体の検討も含めて-.
荒木俊彦, 中田悠皓, 楠進, 新井裕至, 片山泰朗.
臨床神経学 40 (10): 979-85, 2000
17)Tryptophan-immobilized column-based immunoadsorption as the choice method for plasmapheresis in Guillain-Barre syndrome.
Okamiya S, Ogino M, Ogino Y, Irie S, Kanazawa N, Saito T, Sakai F.
Ther Apher Dial 8(3):248-53,2004
18)A preliminary, randomized, multicenter study comparing intravenous immunoglobulin, plasma exchange, and immune adsorption in Guillain-Barre syndrome.
Diener HC, Haupt WF, Kloss TM, Rosenow F, Philipp T, Koeppen S, Vietorisz A; Study Group.
Eur Neurol 46(2):107-9,2001
・多発性硬化症(TR-350)
19)Immunoadsorption and plasma exchange in multiple sclerosis: complement and plasma protein behaviour.
Palm M, Behm E, Schmitt E, Buddenhagen F, Hitzschke B, Kracht M, Kundt G, Meyer-Rienecker H, Klinkmann H.
Biomater Artif Cells Immobilization Biotechnol 19(1):283-96,1991
・全身性エリテマトーデス(PH-350)
20)全身性エリテマトーデスの免疫吸着法による血漿交換療法.
古川福実, 大橋弘幸.
臨床皮膚科 52(5増): 146-51, 1998
21)Prospective randomized trial of two different immunoadsorbers in severe systemic lupus erythematosus.
Gaubitz M, Seidel M, Kummer S, Schotte H, Perniok A, Domschke W, Schneider M.
J Autoimmun 11(5):495-501,1998
・関節リウマチ(PH-350)
22)慢性関節リウマチにおける血漿交換療法の検討.
高橋孝喜, 吉野谷定美, 宮本昭正, 吉沢久嘉.
日内会誌 75(3): 58-70, 1986.
23)Plasma Cleaning Using Immunoadsorbent IM-P for Patients with Rheumatoid Arthritis.
Kobayashi N, Okudaira K, Miyamoto Y, Yamada Y, Yamada T, Doyoshita H, Nozawa A, Yoshizawa H. Takahashi K.
Therapeutic Plasmapheresis (IV):153-7,1984

ページの先頭に戻る

文献情報(プラソーバBRS)

1) ビリルビン除去用吸着剤のin vitroの検討.
宇佐美 真 他.
Therapeutic Plasmapheresis (VIII):156-9,1988
2)血漿灌流法によるビリルビンの吸着除去.-in vitro及びex vivo実験による評価-
古川 暹 他.
人工腎臓19:861-4,1990
3)Basic and Clinical Evaluation of Anion-Exchange Resin Column for Treatment of Jaundice.
Suga M, et al.
Therapeutic Plasmapheresis(VIII):214-8,1990
4)新しいビリルビン吸着カラムB-001*の吸着性能に関する検討.
株丹 浩二 他.
ICUとCCU集中治療医学 Vol.15 No.8:837-43,1991

ページの先頭に戻る

持続緩徐式血液濾過(CRRT)に関する文献

文献情報(エクセルフロー)

ポリスルホン製持続緩徐式血液濾過器「エクセルフロー」の特徴.
畑中美博.
ICUとCCU Vol.32 別冊号:S146-51,2008

ページの先頭に戻る

腹水濃縮濾過再静注法に関する文献

文献情報(腹水ろ過器AHF-MO、腹水濃縮器AHF-UP)

1)腹水ろ過濃縮再静注法における親水化ポリエチレン腹膜水ろ過器の有効性.
井上昇 他.
新しい医療機器研究2(2):17-24,1994
2)難治性腹水症に対する腹水ろ過濃縮再静注法(CART)の現況‐特に副作用としての発熱に影響する臨床的因子の解析.
高松正剛 他.
肝胆膵46(5):663-9,2003
3)3.肝硬変合併症の診断・治療(2)腹水.
日本消化器病学会 編.
肝硬変診療ガイドライン:116-49,2010

ページの先頭に戻る

吸着式血液浄化法に関する文献

文献情報(ヘモソーバCHS)

1) HEMA系ポリマー被覆ビーズ状活性炭を用いた吸着型血液浄化器の基礎研究.
中島俊秀,高倉孝一,古元嘉昭,中林宣男,稲生綱政.
人工臓器8(4):460,1979
2)HEMA系ポリマー被覆ビーズ状活性炭を用いた吸着型血液浄化器の臨床応用.
稲生綱政,大坪修,太田和夫,阿岸鉄三,中川成之輔,中林宣男.
人工臓器8(5):505,1979
3)Direct Hemoperfusionの適応とその限界-とくに肝不全, 腎不全を中心として-.
末永松彦,一瀬邦弘,中村義弘,三宅祥三,中川成之輔.
人工臓器9(2):645,1980
4)パラコート中毒10症例に対するDirect Haemoperfusionの効果検討.
吉田薫,浅野泰,中島逸郎,岩間元,進藤靖夫,岡本一弘,他.
日腎誌,22(8):13,1980
5)術後一過性黄疸-直接血液灌流吸着装置使用による回復例-.
今井孝祐,高瀬進一,小西敏雄,有井秀裕,野口寿一,塚田裕幸,中村正,村谷貢,藤田達士.
臨床麻酔5(6):699,1981
6)中毒に対する吸着型血液浄化法.
鵜飼卓.
ICUとCCU6(12):1015,1982
7)DHPによる血中ビリルビン, 胆汁酸の除去に影響する諸因子の検討.
池亀守,三浦信彦,三戸部京子,金田朋子,小島邦義,村井澄子,船橋直樹,水野雅夫,川島司郎.
人工臓器13(2):831,1984

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

*プラノバおよび関連製品はエンドユーザー様に直接販売を行っております。日本における代理店販売は行っておりませんのでご了承ください。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る