腹水濾過濃縮再静注法(CART) 医療従事者向けサイト

腹水濾過濃縮再静注法(CART)とは、腹水(胸水症を含む)患者の腹水(又は胸水)を採取し、それを濾過、濃縮して、患者に再静注する治療法です。

※CARTは、「Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy」の略です。

腹水濾過濃縮再静注法(CART)の概要

種々の治療法(利尿剤投与等)では治療困難な「難治性腹水症」患者の腹水を取り出し、それを濾過及び濃縮し、患者に再静注する治療法です。
この治療により、自覚的苦痛の軽減、循環血漿量の増加、腹圧の軽減、血漿浸透圧の上昇などが期待できます。また、利尿剤効果の再発現、貯留間隔の延長、等の効果も報告されています。

腹水濾過濃縮再静注法の適応疾患

  • 難治性腹水症

関連情報

腹水濾過濃縮再静注法について、より分かりやすく解説しています。

お問い合わせについて

この治療法に関する資料のお問い合わせやご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

*プラノバおよび関連製品はエンドユーザー様に直接販売を行っております。日本における代理店販売は行っておりませんのでご了承ください。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る