旭化成メディカル
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
医療・製薬関係者の皆さま > 血液透析分野 > 特別連載企画●活性酸素と透析療法 > 第一章 活性酸素とは?
特別連載企画活性酸素と透析療法
第一章活性酸素とは?ー酸素分子の構造特異性と活性酸素の種類ー

目次 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 参考1 参考2
酸素と人類の長い歴史

46億年の歴史をもつ地球に、植物の光合成によって酸素が登場したのは25億年前と言われています。人類は誕生以来、生命機能を維持するために積極的に酸素を体内に取り込んできました。

しかし、酸素は本質的に高い化学反応性を持つため、組織や細胞に傷害を与えるフリーラジカルや活性酸素を生むという宿命を併せ持っています。これに対し、生体は無数の防衛機構、調節機構を発達させ対抗してきました。

このように、見方を変えると、人類の歴史は酸素を効率的に利用する一方で、フリーラジカルや活性酸素の持つ攻撃性に対して防衛線を張り、時には敗れて疾病に陥る、という長い戦いの歴史だと言うこともできます。

1 次へ進む