旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

学会セミナー記録集

医療従事者向けサイト

第55回日本癌治療学会学術集会学術セミナー7 2017年10月20日(金)

がん治療への緩和ケア
~早期から終末期におけるCART(腹水濾過濃縮再静注法)を考える~

  • 日時: 2017年10月20日(金)11:40~12:30
  • 会場: 第6会場 パシフィコ横浜4F 418
  • 提供: 旭化成メディカル株式会社
小林 裕明 先生

Opening

座長:
小林 裕明 先生
鹿児島大学医学部 産科婦人科

がんと診断された時からの緩和ケア
がんは診断された時から緩和ケアが始まります。本日は緩和ケアの総論から、腹水の管理についてご講演いただきます。

婦人科がんにおけるCARTの役割
本日は婦人科がんにおける腹水コントロールの大事さ、および日本発のCART(腹水濾過濃縮再静注法)という自己の腹水中アルブミン等の有用成分を戻し、QOL改善に寄与する非常に有益性の高いシステムをどう治療に取り込んでいくかについて、ご講演いただきます。

PDFダウンロード

関連する治療法と製品

ページの先頭に戻る