旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

学会セミナー記録集

医療従事者向けサイト

第70回日本産科婦人科学会学術講演会ランチョンセミナー26 2018年5月12日(土)

婦人科腫瘍における腹水濾過濃縮再静注法(CART)の UP TO DATE

  • 日時: 2018年5月12日(土)12:00~13:00
  • 会場: 第11会場 仙台国際センター・会議棟 1F 研修室AB
  • 提供: 旭化成メディカル株式会社
杉山 徹 先生

Opening

座長:
杉山 徹 先生
医療法人社団高邦会 高木病院 女性腫瘍センター
国際医療福祉大学
前: 岩手医科大学 産婦人科学講座

婦人科腫瘍症例ではがんに伴う腹水を診ることがあります。悪性腹水は患者のQOL低下を招き、治療に難渋します。「卵巣がん治療ガイドライン2015年版(日本婦人科腫瘍学会編)」では、「腹水貯留にどのように対応するか?」のクリニカルクエスチョンが設けられています。
本日は本ガイドライン掲載の腹水貯留対応のひとつとしてあげられている腹水濾過濃縮再静注法(CART:Cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy)が患者のQOLにどのように寄与しているのか、新しい知見を含めお二人の先生にご講演いただきます。

PDFダウンロード

関連する治療法と製品

ページの先頭に戻る