旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

学会セミナー記録集

医療従事者向けサイト

第23回日本緩和医療学会学術大会ランチョンセミナー3 2018年6月15日(金)

緩和ケアにおける腹水濾過濃縮再静注法(CART)の役割

中島 信久 先生

基調講演

緩和ケアにおける腹水濾過濃縮再静注法(CART)の役割

演者:中島 信久 先生
(琉球大学医学部附属病院 地域医療部 / 緩和ケアセンター)

おわりに

CART 今後の課題

今後の課題としてCARTの推奨を検討していくためには、例えば対象患者、評価項目、介入の内容を設定した研究を行っていくことが必要です。

CART 今後の課題s

画像をクリックすると大きく表示されます

ページの先頭に戻る