膜の基礎知識

膜ろ過とは

膜ろ過とは、連続した組織の間にある孔を利用して分離操作を行うものです。対象物質の大きさとろ過の駆動力によって、MF(精密ろ過)膜、UF(限外ろ過)膜、イオン交換膜、RO(逆浸透)膜などに分類されます。

膜と分離対象物

以下の図は膜によって分離される対象物、膜、そしてマイクローザの膜分離技術の領域を表したものです。1μmは1/1000mm、1nmは1/100万mmを意味しています。

マイクローザと分離対象物


使用分野ショートカット




ページ上部へ