膜の基礎知識

膜ろ過の方式

全量ろ過方式
全量ろ過方式


クロスフロー方式
クロスフロー方式

一般的に用いられる膜ろ過方式は全量ろ過方式とクロスフローろ過方式の2種類です。

全量ろ過方式は膜供給水の全量をろ過する方式であり、従来の砂ろ過と同じ方式です。砂ろ過と同じように定期的に洗浄を行います。これに対して、クロスフローろ過方式は膜面に対し平行な流れを作ることで膜供給水中の懸濁物質やコロイドが膜面に堆積する現象を抑制しながらろ過を行う方式です。

ろ過方式は原水水質、膜の材質および分離性能、モジュール構造、洗浄方法等と深い関係があり処理条件に適した方法を選択する必要があります。

コスト的に見ると、全量ろ過方式はクロスフローろ過方式のような平行流を必要としないため動力費は小さくてすみます。クロスフローろ過方式は一般に膜面流速が高いほど膜面への付着物質の堆積が抑制されるので高いろ過流束が得られ、膜汚染防止の点では高膜面流速が好ましいことになります。しかし、高膜面流速となるほどランニングコストが増加しますので、処理水量や洗浄効果との関係から経済的な膜面流速を設計する必要があります。


使用分野ショートカット




ページ上部へ