マイコプラズマ抗原検査キット(リボテスト®マイコプラズマ)

マイコプラズマ抗原検査キット
リボテスト®マイコプラズマの操作方法

操作方法

1検体の採取

検体の採取

ロ蓋垂の裏側(咽頭後壁)を擦週する。

2抽出チューブを準備

抽出チューブを準備

抽出チユ一プを軽く振って蓋に付着した抽出液を底に落とし、蓋を剥がします。

3綿棒を挿入

綿棒を挿入

検体を採取した綿棒を抽出液に浸してよく揉み、2分(~15分)間静置します。

4綿棒の抜き取り

綿棒の抜き取り

綿棒をしごきながら抜き取り、液を十分に絞り落とします。

5フィルターの取付け

フィルターの取付け

付属のフィル夕一を奥までしっかりと取付けます。

6抽出された液の滴下

抽出された液の滴下

フィル夕一側から抽出された液を3滴滴下し、15分間静置後、目視にて判定します。

※ご使用の前に添付文書を必ずお読みください。



このページのTOPへ

判定方法


判定方法
クリックすると拡大出来ます。

判定上の注意

  • 本キットによって陰性となっても、マイコプラズマ感染の疑いを完全に否定するものではありません。
  • 咽頭拭い綿棒による検体採取で、拭い液の採取不足が生じた場合には、正確な結果が得られない可能性があります。綿棒で確実に検体採取を行った後に、再度の測定を行うなど注意が必要です。
  • 試料により、試料中の目的成分以外の物質との反応や妨害反応を生ずることがありますのでご注意ください。測定結果に基づく臨床診断は、臨床症状や他の検査結果と併せて、担当医師が総合的に判断してください。
  • 色のにじみ、あるいはライン上もしくはその近傍での斑点状発色がまれに認められることがありますが、ラインが認識されない場合は、陰性と判定してください。
  • 15分静置してもテストラインに赤紫色のラインが確認できない場合は、陰性と判定してください。

詳細は添付文書をご参照ください。



このページのTOPへ
血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012特設ページ グリコアルブミン情報ファイル
  3週間前から採血時までの平均的な血糖状態がわかるグリコアルブミン検査。
  基礎知識と臨床現場における活用例。
お問合せ