沿革

旭化成グループは、時代の要請やニーズに応えて、事業のポートフォリオを積極的に転換してきました。また、社会や環境の問題に対し、製品やサービスの提供を通じて解決策を示してきました。1922年の創業から今日に至るまでの、旭化成の歩みをご紹介します。

1922 -

売上高
0百万円
(1940年度)
1922年 旭絹織株式会社を設立
1931年 延岡アンモニア絹絲株式会社設立
(当社の設立:1931年5月21日資本金1,000万円)
アンモニア、硝酸等化成品を製造販売
1933年 延岡アンモニア絹絲株式会社は、日本ベンベルグ絹絲株式会社(キュプラ糸「ベンベルグ」を製造・販売)および旭絹織株式会社(ビスコース・レーヨン糸を製造・販売)を合併し、社名を旭ベンベルグ絹絲株式会社と改称(資本金4,600万円)
1943年 旭ベンベルグ絹絲株式会社は、日本窒素火薬株式会社(ダイナマイト等を製造・販売)を合併し、社名を日窒化学工業株式会社と改称(資本金5,440万円)
1946年 日窒化学工業株式会社は、社名を旭化成工業株式会社と改称(資本金5,440万円)
1949年 東京、大阪および名古屋の各証券取引所の市場第一部に株式を上場
1952年 米国ダウ・ケミカル社と合弁で旭ダウ株式会社設立、川崎地区へ進出
1957年 旭ダウ株式会社、ポリスチレン製造開始、合成樹脂事業へ進出
1959年 富士でアクリル繊維「カシミロン」の本格製造開始、合成繊維事業へ本格展開
延岡工場の混合ガス圧縮機
「ベンベルグ」のポスター
「カシミロン」手編み糸

1950 -

売上高
0億円
(1960年度)

1960年 「サランラップ」販売開始、樹脂製品事業へ進出
1962年 川崎でアクリロニトリルを製造開始
1967年 松戸で軽量気泡コンクリート「ヘーベル」の製造開始、建材事業へ本格進出
1968年 山陽石油化学株式会社設立、水島地区で石油化学事業へ本格進出
発売開始当初の「サランラップ」
鉄筋を内蔵した「ヘーベル」

1970 -

売上高
0億円
(1980年度)

1971年 旭シュエーベル株式会社設立、ガラス繊維織物事業へ進出
1972年 水島で山陽エチレン株式会社(現、旭化成ケミカルズ株式会社)による年産35万トンのエチレンセンター完成
「ヘーベルハウス」本格展開、住宅事業への本格進出
旭化成ホームズ株式会社設立
1974年 旭メディカル株式会社(現、旭化成メディカル株式会社)設立、人工腎臓の生産開始、医療機器事業へ進出
1976年 株式会社旭化成テキスタイル設立、テキスタイル事業の強化
旭化成建材株式会社設立
1980年 宮崎電子株式会社(現、旭化成電子株式会社)設立、ホール素子事業へ進出
1982年 旭ダウ株式会社を合併、合成樹脂事業を強化
1983年 旭マイクロシステム株式会社(現、旭化成エレクトロニクス株式会社)設立、LSI事業へ本格展開
「ヘーベルハウス」Dシリーズ
旭メディカル製品
デジタル携帯電話用LSIチップ

1990 -

売上高
0億円
(2000年度)

1992年 東洋醸造株式会社と合併、医薬・医療事業を強化、酒類事業へ進出
1994年 株式会社旭化成テキスタイルを合併、繊維事業を強化
2000年 新日鐵化学株式会社より欧米コンパウンド樹脂生産子会社を譲受し、欧米における生産拠点を確保
2001年 旭化成工業株式会社から、旭化成株式会社へ社名変更
2002年 焼酎および低アルコール飲料事業をアサヒビール株式会社およびニッカウヰスキー株式会社へ譲渡
2003年 清酒・合成酒関連事業をオエノンホールディングス株式会社へ譲渡
分社・持株会社制へ移行
持株会社と7事業会社(旭化成ケミカルズ株式会社、旭化成ホームズ株式会社、旭化成ファーマ株式会社、旭化成せんい株式会社、旭化成エレクトロニクス株式会社、旭化成建材株式会社、旭化成ライフ&リビング株式会社)からなるグループ経営体制へ移行
2007年 旭化成ケミカルズ株式会社が旭化成ライフ&リビング株式会社を吸収合併
2008年 旭化成クラレメディカル、旭化成メディカルが事業会社としてスタート
2009年 旭化成イーマテリアルズ株式会社設立
企業広告“昨日まで世界になかったものを。”シリーズを2007年より開始

2010 -

売上高
0億円
(2015年度)

2012年 旭化成クラレメディカル株式会社、旭化成メディカル株式会社を統合 (存続会社名は旭化成メディカル株式会社)
米国ゾール・メディカル社を買収および連結子会社化
2015年 米国ポリポア・インターナショナル社を買収および連結子会社化