CSRの考え方

旭化成グループは、「コンプライアンスの徹底」「レスポンシブル・ケアの推進」「社会との共生」「社員の個の尊重」の4項目をCSR重点活動としてグループ全体で取り組み、事業活動を行っています。

ステークホルダーとのかかわり

当社グループは、グループ理念である「世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献」を実現し、お客様、お取引先・株主・国内外の一般市民・地域の方々・社員など、多様なステークホルダーにとっての企業価値を向上させることが、事業活動を通じたCSRであると考えています。
同時に、当社グループの事業活動自体が、地球環境・地域社会に影響を与えることを認識し、「コンプライアンスの徹底」「レスポンシブル・ケアの推進」「社会との共生」「社員の個の尊重」をCSR活動の基盤と考えて事業活動を行っています。

事業活動を通じてのCSR(積極的CSR) コンプライアンスの徹底、レスポンシブル・ケアの推進、社会との共生、社員の個の尊重をCSR重点活動(基盤的CSR)とし事業活動を行い世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献し企業価値の向上へつなげる [国内外の一般市民]社会貢献、[地球環境との調和]、[株主]株主還元、[地域社会]共存共栄、[お取引先]公正な取引、[お客様]お客様の満足と信頼向上、[社員]働きがい能力向上

CSR推進体制

当社グループでは、CSRに関する個別の重点活動を推進するため、社長のもと4つの委員会を設置しています。委員会の委員長は、社長(リスク・コンプライアンス委員会、レスポンシブル・ケア委員会)、社長が指名する執行役員(社会貢献委員会)、環境安全担当執行役員(地球環境対策推進委員会)が務め、テーマごとに活動しています。

持株会社社長 [リスク・コンプライアンス委員会] リスク管理とコンプライアンスに関する方針の決定・審議 [レスポンシブル・ケア(RC)委員会] 環境安全、製品安全、保安防災等の計画・実績の審議 [地球環境対策推進委員会] グループ全体の地球環境対策の審議・決定 [社会貢献委員会] 社会貢献活動の方針、活動計画、実施方法の策定
CSR推進体制(2016年9月6日現在)

本内容について、
お気軽にご意見・ご感想をお聞かせください。