データ編

旭化成グループの環境活動に関するコスト、パフォーマンスデータについて掲載しています。

環境保全・安全投資

旭化成グループは、RC活動のために必要な経営資源を投入してきました。
2016年度までの環境保全・安全関連設備投資の推移および2016年度の投資の内容を円グラフに示しました。

1970年度投資額累計7億円、単年度7億円 1971年度投資額累計45億円、単年度38億円 1972年度投資額累計76億円、単年度31億円 1973年度投資額累計163億円、単年度87億円 1974年度投資額累計234億円、単年度70億円 1975年度投資額累計299億円、単年度66億円 1976年度投資額累計344億円、単年度45億円 1977年度投資額累計390億円、単年度46億円 1978年度投資額累計421億円、単年度31億円 1979年度投資額累計461億円、単年度40億円 1980年度投資額累計521億円、単年度60億円 1981年度投資額累計583億円、単年度62億円 1982年度投資額累計637億円、単年度54億円 1983年度投資額累計667億円、単年度30億円 1984年度投資額累計731億円、単年度64億円 1985年度投資額累計769億円、単年度38億円 1986年度投資額累計800億円、単年度31億円 1987年度投資額累計836億円、単年度36億円 1988年度投資額累計876億円、単年度39億円 1989年度投資額累計917億円、単年度41億円 1990年度投資額累計1,020億円、単年度103億円 1991年度投資額累計1,065億円、単年度46億円 1992年度投資額累計1,125億円、単年度60億円 1993年度投資額累計1,175億円、単年度50億円 1994年度投資額累計1,222億円、単年度47億円 1995年度投資額累計1,268億円、単年度47億円 1996年度投資額累計1,337億円、単年度68億円 1997年度投資額累計1,403億円、単年度67億円 1998年度投資額累計1,453億円、単年度50億円 1999年度投資額累計1,485億円、単年度32億円 2000年度投資額累計1,531億円、単年度46億円 2001年度投資額累計1,586億円、単年度56億円 2002年度投資額累計1,642億円、単年度56億円 2003年度投資額累計1,714億円、単年度72億円 2004年度投資額累計1,789億円、単年度75億円 2005年度投資額累計1,847億円、単年度57.7億円 2006年度投資額累計1,922億円、単年度74.5億円 2007年度投資額累計2,017億円、単年度95億円 2008年度投資額累計2,116億円、単年度99.2億円 2009年度投資額累計2,191億円、単年度75.4億円 2010年度投資額累計2,247億円、単年度55.9億円 2011年度投資額累計2,290億円、単年度42.6億円 2012年度投資額累計2,328億円、単年度38億円 2013年度投資額累計2,367億円、単年度39億円 2014年度投資額累計2,419億円、単年度52億円 2015年度投資額累計2,497億円、単年度78.8億円 2016年度投資額累計2,551億円、単年度53.8億円
環境保全・安全関連設備投資
2012年度環境保全17.7億円、安全20.3億円、合計38億円 2013年度環境保全21.6億円、安全17.5億円、合計39億円 2014年度環境保全24.2億円、安全27.8億円、合計52億円 2015年度環境保全26.3億円、安全52.5億円、合計78.8億円 2016年度環境保全26.3億円、安全52.5億円、合計78.8億円
環境保全・安全関連設備投資
環境保全関連設備投資20.3億円 省エネ32% 水質45% 廃棄物3% 大気9% その他6% 騒音1% 緑化・土壌0% 化学物質3%
環境保全関連設備投資(2016年度)
安全関連設備投資33.5億円 労働安全41% 老朽化26% 地震8% 爆発2% その他21%
安全関連設備投資(2016年度)

環境会計

当社グループでは、環境省のガイドラインのコスト分類に沿って、環境保全のためのコストを把握しています。

コスト分類1.事業エリア内コスト 2012年度投資額1,465百万円、費用額7,840百万円 2013年度投資額1,920百万円、費用額8,030百万円 2014年度投資額2,324百万円、費用額10,345百万円 2015年度投資額2,041百万円、費用額7,339百万円 2016年度投資額1,943百万円、費用額7,320百万円 コスト分類1.公害防止コスト 2012年度投資額975百万円、費用額5,592百万円 2013年度投資額982百万円、費用額5,645百万円 2014年度投資額1,058百万円、費用額5,290百万円 2015年度投資額1,408百万円、費用額4,466百万円 2016年度投資額1,080百万円、費用額4,340百万円 コスト分類1.地球環境保全コスト 2012年度投資額415百万円、費用額573百万円 2013年度投資額355百万円、費用額569百万円 2014年度投資額513百万円、費用額2,586百万円 2015年度投資額421百万円、費用額689百万円 2016年度投資額502百万円、費用額808百万円 コスト分類1.資源循環コスト 2012年度投資額75百万円、費用額1,675百万円 2013年度投資額583百万円、費用額1,816百万円 2014年度投資額753百万円、費用額2,470百万円 2015年度投資額212百万円、費用額2,184百万円 2016年度投資額360百万円、費用額2,173百万円 コスト分類2.上・下流コスト 2012年度投資額12百万円、費用額139百万円 2013年度投資額1百万円、費用額135百万円 2014年度投資額0百万円、費用額131百万円 2015年度投資額0百万円、費用額131百万円 2016年度投資額0百万円、費用額115百万円 コスト分類3.管理活動コスト 2012年度投資額65百万円、費用額1,302百万円 2013年度投資額47百万円、費用額3,053百万円 2014年度投資額49百万円、費用額3,374百万円 2015年度投資額11百万円、費用額1.078百万円 2016年度投資額54百万円、費用額1,266百万円 コスト分類4.研究開発コスト 2012年度投資額264百万円、費用額2,256百万円 2013年度投資額169百万円、費用額2,755百万円 2014年度投資額471百万円、費用額5,661百万円 2015年度投資額329百万円、費用額5,781百万円 2016年度投資額158百万円、費用額2,591百万円 コスト分類5.社会活動コスト 2012年度投資額8百万円、費用額55百万円 2013年度投資額7百万円、費用額82百万円 2014年度投資額5百万円、費用額48百万円 2015年度投資額11百万円、費用額38百万円 2016年度投資額0百万円、費用額36百万円 コスト分類6.環境損傷コスト 2012年度投資額2百万円、費用額230百万円 2013年度投資額0百万円、費用額883百万円 2014年度投資額0百万円、費用額190百万円 2015年度投資額44百万円、費用額195百万円 2016年度投資額49百万円、費用額192百万円 コスト分類合計 2012年度投資額1,816百万円、費用額11,822百万円 2013年度投資額2,145百万円、費用額14,938百万円 2014年度投資額2,850百万円、費用額19,749百万円 2015年度投資額2,435百万円、費用額14,560百万円 2016年度投資額2,203百万円、費用額11,520百万円
環境会計一覧

環境パフォーマンスデータ

2001年度環境負荷総量50,723百万EIP、環境効率23.6円/EIP 2012年度環境負荷総量13,878百万EIP、環境効率120.1円/EIP 2013年度環境負荷総量14,130百万EIP、環境効率134.3円/EIP 2014年度環境負荷総量14,340百万EIP、環境効率138.5円/EIP 2015年度環境負荷総量13,219百万EIP、環境効率146.8円/EIP 2016年度環境負荷総量11,271百万EIP、環境効率167.1円/EIP
環境効率(JEPIX)の推移
2001年度環境負荷総量50,723百万EIP、売上高1,195,393百万EIP、環境効率23.6円/EIP 2012年度環境負荷総量13,878百万EIP、売上高1,666,640百万EIP、環境効率120.1円/EIP 2013年度環境負荷総量14,130百万EIP、売上高1,897,766百万EIP、環境効率134.3円/EIP 2014年度環境負荷総量14,340百万EIP、売上高1,986,405百万EIP、環境効率138.5円/EIP 2015年度環境負荷総量13,219百万EIP、売上高1,940,914百万EIP、環境効率146.8円/EIP 2016年度環境負荷総量11,271百万EIP、売上高1,882,991百万EIP、環境効率167.1円/EIP
JEPIXによる環境効率指標
[セグメント]旭化成 発生量174.4千t、再資源化量0.2千t、減量化量0千t、内部埋立量0t、排出量174.3千t、再資源化量173.2千t、減量化量0.9千t、最終処分量0.1千t [セグメント]エレクトロニクス 発生量18.3千t、再資源化量10.9t、減量化量0t、内部埋立量0t、排出量7.5千t、再資源化量7.3千t、減量化量0t、最終処分量0.2t [セグメント]ホームズ 発生量61.2千t、再資源化量44.6t、減量化量0t、内部埋立量0t、排出量16.2千t、再資源化量16.6千t、減量化量0千t、最終処分量0t [セグメント]建材 発生量36.2千t、再資源化量28.0t、減量化量0t、内部埋立量0t、排出量8.3千t、再資源化量8.2千t、減量化量0t、最終処分量0.1t [セグメント]ファーマ 発生量7.7千t、再資源化量0千t、減量化量0t、内部埋立量0t、排出量7.7千t、再資源化量7.0千t、減量化量0t、最終処分量0.7千t [セグメント]メディカル 発生量41.2千t、再資源化量20.9t、減量化量0.7t、内部埋立量0t、排出量19.6千t、再資源化量16.9千t、減量化量2.7千t、最終処分量0t [セグメント]2016年度の合計 発生量339.2千t、再資源化量104.4千t、減量化量0.7千t、内部埋立量0t、排出量233.5千t、再資源化量229.2千t、減量化量3.7千t、最終処分量1.1千t [セグメント]2015年度の合計 発生量356.5千t、再資源化量123.7千t、減量化量3.3千t、内部埋立量0t、排出量229.6千t、再資源化量225.3千t、減量化量3.4千t、最終処分量0.8千t [セグメント]2014年度の合計 発生量388.5千t、再資源化量114.6千t、減量化量36.4千t、内部埋立量0t、排出量237.3千t、再資源化量231.7千t、減量化量4.1千t、最終処分量1.5千t [セグメント]2013年度の合計 発生量386.3千t、再資源化量112.4千t、減量化量29千t、内部埋立量0t、排出量244.7千t、再資源化量240.3千t、減量化量3.1千t、最終処分量1.3千t [セグメント]2012年度の合計 発生量387.9千t、再資源化量99千t、減量化量27.2千t、内部埋立量0t、排出量261.6千t、再資源化量255.4千t、減量化量4.4千t、最終処分量1.8千t [セグメント]2011年度の合計 発生量441.8千t、再資源化量105.1千t、減量化量73.5千t、内部埋立量0t、排出量263.1千t、再資源化量254.1千t、減量化量7.8千t、最終処分量1.3千t [セグメント]2000年度の合計 発生量361.9千t、再資源化量3.5千t、減量化量187.5千t、内部埋立量0.1千t、排出量170.8千t、再資源化量122千t、減量化量21.9千t、最終処分量26.8千t
セグメント別の産業廃棄物の処理処分概要
[種類]最終処分量 汚泥0.6千t、廃プラスチック類0.3千t、管理型混合廃棄物0t、がれき類0t、その他0.2千t、合計1.1千t [種類]比率 汚泥57.3%、廃プラスチック類25.5%、管理型混合廃棄物1.3%、がれき類1.4%、その他14.5%、合計100%
最終処分量の種類と比率
(ホームズの建設現場における産業廃棄物を除く)
2000年度新築工事16.6千t、解体工事39.1千t、合計55.7千t 2012年度新築工事0t、解体工事12.3千t、合計12.3千t 2013年度新築工事0t、解体工事12.3千t、合計12.3千t 2014年度新築工事0t、解体工事12.3千t、合計12.3千t 2015年度新築工事0t、解体工事10.2千t、合計10.2千t 2016年度新築工事0t、解体工事11.8千t、合計11.8千t
ホームズの建設現場における産業廃棄物の最終処分推移
2012年度広域認定利用量520t、セメント原料4,200t、路盤材0t、合計4,720t 2013年度広域認定利用量310t、セメント原料3,900t、路盤材0t、合計4,210t 2014年度広域認定利用量370t、セメント原料3,400t、路盤材0t、合計3,700t 2015年度広域認定利用量450t、セメント原料2,300t、路盤材0t、合計2,800t 2016年度広域認定利用量300t、セメント原料1,800t、路盤材0t、合計2,100t
旭化成建材へーベルの広域認定利用量
事業会社名旭化成、主地区名その他、物質名称トルエン、大気排出22,037t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計22,037t、移動量0t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称トルエン、大気排出6,674t、水域排出420t、土壌排出0t、排出量合計7,094t、移動量19,555t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称ノルマル-ヘキサン、大気排出5,610t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計5,610t、移動量15,780t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称1,1-ジクロロエチレン(別名塩化ビニリデン)、大気排出31,900t、水域排出14t、土壌排出0t、排出量合計31,914t、移動量227,000t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称クロロエチレン(別名塩化ビニル)、大気排出15,061t、水域排出0	t、土壌排出0t、排出量合計15,061t、移動量38,000t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称クロロジフルオロメタン(別名HCFC-22)、大気排出6,100t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計6,100t、移動量0t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称ほう素化合物、大気排出0t、水域排出5,914t、土壌排出0t、排出量合計5,914t、移動量162t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称銅水溶性塩(錯塩を除く。)、大気排出0t、水域排出8,386t、土壌排出0t、排出量合計8,386t、移動量164t 事業会社名旭化成、主地区名延岡、物質名称ジクロロメタン(別名塩化メチレン)、大気排出5,808t、水域排出1t、土壌排出0t、排出量合計5,809t、移動量0t 事業会社名旭化成、主地区名守山、物質名称ジクロロメタン(別名塩化メチレン)、大気排出6,131t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計6,131t、移動量259t 事業会社名旭化成、主地区名守山、物質名称N,N-ジメチルアセトアミド、大気排出7,850t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計7,850t、移動量194,091t 事業会社名旭化成、主地区名水島、物質名称ノルマル-ヘキサン、大気排出62,300t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計62,300t、移動量10,500t 事業会社名旭化成、主地区名水島、物質名称モリブデン及びその化合物、大気排出0t、水域排出8,871t、土壌排出0t、排出量合計8,871t、移動量0t 事業会社名旭化成、主地区名川崎、物質名称ノルマル-ヘキサン、大気排出87,424t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計87,424t、移動量16,398t 事業会社名旭化成、主地区名川崎、物質名称メタクリル酸メチル、大気排出16,238t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計16,238t、移動量323t 事業会社名旭化成、主地区名富士、物質名称ジクロロメタン(別名塩化メチレン)、大気排出8,584t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計8,584t、移動量4,025t 事業会社名エレクトロニクス、主地区名延岡、物質名称ふっ化水素及びその水溶性塩、大気排出0t、水域排出6,957t、土壌排出0t、排出量合計6,957t、移動量129t 事業会社名ホームズ、主地区名その他、物質名称キシレン、大気排出8,047t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計8,047t、移動量0t 事業会社名ホームズ、主地区名その他、物質名称トルエン、大気排出10,369t、水域排出0t、土壌排出0t、排出量合計10,369t、移動量0t 事業会社名メディカル、主地区名延岡、物質名称N,N-ジメチルアセトアミド、大気排出2,395t、水域排出16,067t、土壌排出0t、排出量合計18,462t、移動量644,376t
主なPRTR法対象物質の排出量および移動量一覧(2016年度実績)
2000年度大気排出量4,720t、水域排出量170t、土壌排出量0t、排出量合計4,890t、移動量2,100t 2012年度大気排出量390t、水域排出量90t、土壌排出量0t、排出量合計480t、移動量3,200t 2013年度大気排出量400t、水域排出量86t、土壌排出量0t、排出量合計490t、移動量3,300t 2014年度大気排出量360t、水域排出量80t、土壌排出量0t、排出量合計440t、移動量3,100t 2015年度大気排出量390t、水域排出量70t、土壌排出量0t、排出量合計450t、移動量2,300t 2016年度大気排出量350t、水域排出量60t、土壌排出量0t、排出量合計410t、移動量2,900t
PRTR法対象物質の排出量・移動量の推移
2000年度(基準年度)排出量10,400t 2012年度排出量1,300t、削減率88% 2013年度排出量1,300t、削減率87% 2014年度排出量1,300t、削減率87% 2015年度排出量1,300t、削減率87% 2016年度排出量1,300t、削減率87%
VOCの大気排出量
項目SOx※1 2012 5,800t、2013 6,600t、2014 5,700t、2015 7,700t、2016 6,100t 項目NOx※2 2012 3,700t、2013 3,700t、2014 3,600t、2015 4,000t、2016 3,300t 項目ばいじん※3 2012 180t、2013 150t、2014 180t、2015 130t、2016 100t 項目排水量 2011 210百万㎥、2012 210百万㎥、2013 210百万㎥、2014 210百万㎥、2015 200百万㎥、2016 200百万㎥ 項目COD※4 2011 1,000t、2012 850t、2013 800t、2014 810t、2015 770t、2016 760t 項目N 2012 6,200t、2013 6,000t、2014 5,900t、2015 6,300t、2016 6,500t 項目P 2011 27t、2012 25t、2013 26t、2014 32t、2015 27t、2016 20t
大気汚染物質、水質汚濁物質の排出量推移
項目SOx延岡5,600t、水島170t、守山0t、富士10t、大仁2t、川崎0t、その他300t、合計6,100t 項目NOx延岡2,100t、水島1,100t、守山30t、富士10t、大仁10t、川崎6t、その他70t、合計3,300t 項目ばいじん延岡30t、水島70t、守山1t、富士1t、大仁0t、川崎0t、その他4t、合計100t 項目排水量延岡140百万㎥、水島40百万㎥、守山10百万㎥、富士10百万㎥、大仁0㎥、川崎0百万㎥、その他7百万㎥、合計200百万㎥ 項目COD延岡640t、水島60t、守山9t、富士20t、大仁0t、川崎5t、その他30t、合計760t 項目N延岡6,200t、水島220t、守山9t、富士70t、大仁1t、川崎2t、その他5t、合計6,500t 項目P延岡7t、水島3t、守山1t、富士7t、大仁0t、川崎0t、その他0t、合計20t
地区別大気汚染物質、水質汚濁物質の排出量
[項目]国内取水量2012 268百万㎥、2013 271百万㎥、2014 272百万㎥、2015 274百万㎥、2016 272百万㎥ [項目]国内排水量2012 210百万㎥、2013 210百万㎥、2014 210百万㎥、2015 200百万㎥、2016 199百万㎥ [項目]海外取水量2013 6百万㎥、2014 6百万㎥、2015 6百万㎥、2016 23百万㎥ [項目]海外排水量2013 6百万㎥、2014 6百万㎥、2015 6百万㎥、2016 17百万㎥
取水・排水量推移
[項目]水利用量2012 268百万㎥、2013 271百万㎥、2014 272百万㎥、2015 274百万㎥、2016 272百万㎥ [内訳]上水道水2012 10百万㎥、2013 10百万㎥、2014 10百万㎥、2015 9百万㎥、2016 10百万㎥ [内訳]地下水2012 20百万㎥、2013 22百万㎥、2014 24百万㎥、2015 24百万㎥、2016 23百万㎥ [内訳]工業用水2012 238百万㎥、2013 238百万㎥、2014 238百万㎥、2015 241百万㎥、2016 17百万㎥
取水源別取水量の推移(国内)
[項目]二酸化炭素[京都議定書の基準年度(1990)]506万tCO2、[基準年度(2005)]496万tCO2、[2012]374万tCO2、[2013]377万tCO2、[2014]376万tCO2、[2015]353万tCO2、[2016]271万tCO2 [項目]一酸化二窒素[京都議定書の基準年度(1990)]682万tCO2、[基準年度(2005)]76万tCO2、[2012]19万tCO2、[2013]22万tCO2、[2014]15万tCO2、[2015]12万tCO2271、[2016]13万tCO2 [項目]メタン[京都議定書の基準年度(1990)]0tCO2、[基準年度(2005)]1万tCO2、[2012]0tCO2、[2013]0tCO2、[2014]0tCO2、[2015]0tCO2、[2016]0万tCO2 [項目]HFC[京都議定書の基準年度(1990)]16万tCO2、[基準年度(2005)]2万tCO2、[2012]2万tCO2、[2013]3万tCO2、[2014]3万tCO2、[2015]3万tCO2、[2016]3万tCO2 [項目]PFC[京都議定書の基準年度(1990)]1万tCO2、[基準年度(2005)]14万tCO2、[2012]13万tCO2、[2013]12万tCO2、[2014]10万tCO2、[2015]12万tCO2、[2016]14万tCO2 [項目]六フッ化硫黄[京都議定書の基準年度(1990)]0tCO2、[基準年度(2005)]4万tCO2、[2012]3万tCO2、[2013]2万tCO2、[2014]1万tCO2、[2015]1万tCO2、[2016]2万tCO2 [項目]三フッ化窒素[2014]0tCO2、[2015]0tCO2、[2016]0万tCO2 [項目]合計[京都議定書の基準年度(1990)]1,206tCO2、[基準年度(2005)]592万tCO2、[2012]411万tCO2、[2013]417万tCO2、[2014]406万tCO2、[2015]382万tCO2、[2016]303万tCO2
国内の温室効果ガスの排出量推移
エネルギー使用量[2012]4,426千GJ、[2013]5,420千GJ、[2014]5,986千GJ、[2015]9,053千GJ、[2016]9,558千GJ CO2排出量[2012]61万tCO2、[2013]80万tCO2、[2014]84万tCO2、[2015]79万tCO2、[2016]83万tCO2
海外関係会社の温室効果ガス排出量推移
[項目]二酸化炭素[旭化成]237万tCO2、[エレクトロニクス]8万tCO2、[ホームズ]1万tCO2、[建材]11万tCO2、[ファーマ]2万tCO2、[メディカル]13万tCO2、合計271万tCO2 [項目]一酸化二窒素[旭化成]13万tCO2、[エレクトロニクス]0万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計13万tCO2 [項目]メタン[旭化成]0万tCO2、[エレクトロニクス]0万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計0万tCO2 [項目]HFC[旭化成]3万tCO2、[エレクトロニクス]0万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計3万tCO2 [項目]PFC[旭化成]0万tCO2、[エレクトロニクス]14万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計14万tCO2 [項目]六フッ化硫黄[旭化成]0万tCO2、[エレクトロニクス]2万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計2万tCO2 [項目]三フッ化窒素[旭化成]0万tCO2、[エレクトロニクス]0万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[建材]0万tCO2、[ファーマ]0万tCO2、[メディカル]0万tCO2、合計0万tCO2 [項目]合計[旭化成]253万tCO2、[エレクトロニクス]23万tCO2、[ホームズ]1万tCO2、[建材]11万tCO2、[ファーマ]2万tCO2、[メディカル]13万tCO2、合計303万tCO2
セグメント別の国内温室効果ガス排出量(2016年度)
[セグメント]エネルギー使用量[旭化成]9,497千GJ、[ホームズ]8千GJ、メディカル]53千GJ、[合計]9,558千GJ [セグメント]CO2排出量[旭化成]83万tCO2、[ホームズ]0万tCO2、[メディカル]0.4万tCO2、[合計]83万tCO2
セグメント別の海外関係会社の温室効果ガス排出量(2016年度)
[事業会社名]旭化成[2012年度 輸送量]79,400万トンキロ[2012年度 CO2排出量]47,600tCO2[2013年度 輸送量]83,650万トンキロ[2013年度 CO2排出量]49,400tCO2[2014年度 輸送量]75,140万トンキロ[2014年度 CO2排出量]49,500tCO2[2015年度 輸送量]89,180万トンキロ[2015年度 CO2排出量]56,300tCO2[2016年度 輸送量]85,560万トンキロ[2016年度 CO2排出量]54,100tCO2 [事業会社名]エレクトロニクス[2012年度 輸送量]200万トンキロ[2012年度 CO2排出量]800tCO2[2013年度 輸送量]120万トンキロ[2013年度 CO2排出量]690tCO2[2014年度 輸送量]70万トンキロ[2014年度 CO2排出量]650tCO2[2015年度 輸送量]100万トンキロ[2015年度 CO2排出量]630tCO2[2016年度 輸送量]110万トンキロ[2016年度 CO2排出量]700tCO2 [事業会社名]ホームズ[2012年度 輸送量]18,700万トンキロ[2012年度 CO2排出量]23,400tCO2[2013年度 輸送量]22,900万トンキロ[2013年度 CO2排出量]26,300tCO2[2014年度 輸送量]25,800万トンキロ[2014年度 CO2排出量]29,000tCO2[2015年度 輸送量]27,600万トンキロ[2015年度 CO2排出量]30,100tCO2[2016年度 輸送量]26,040万トンキロ[2016年度 CO2排出量]28,300tCO2 [事業会社名]建材[2012年度 輸送量]11,200万トンキロ[2012年度 CO2排出量]10,800tCO2[2013年度 輸送量]12,000万トンキロ[2013年度 CO2排出量]10,600tCO2[2014年度 輸送量]12,100万トンキロ[2014年度 CO2排出量]11,400tCO2[2015年度 輸送量]11,600万トンキロ[2015年度 CO2排出量]11,100tCO2[2016年度 輸送量]12,440万トンキロ[2016年度 CO2排出量]12,400tCO2 [事業会社名]ファーマ[2012年度 輸送量]600万トンキロ[2012年度 CO2排出量]700tCO2[2013年度 輸送量]680万トンキロ[2013年度 CO2排出量]650tCO2[2014年度 輸送量]590万トンキロ[2014年度 CO2排出量]710tCO2[2015年度 輸送量]480万トンキロ[2015年度 CO2排出量]600tCO2[2016年度 輸送量]260万トンキロ[2016年度 CO2排出量]300tCO2 [事業会社名]メディカル[2012年度 輸送量]2,400万トンキロ[2012年度 CO2排出量]1,200tCO2[2013年度 輸送量]2,400万トンキロ[2013年度 CO2排出量]1,200tCO2[2014年度 輸送量]2,800万トンキロ[2014年度 CO2排出量]1,500tCO2[2015年度 輸送量]200万トンキロ[2015年度 CO2排出量]250tCO2 [2016年度 輸送量]190万トンキロ[2016年度 CO2排出量]200tCO2 合計[2012年度 輸送量]112,500万トンキロ[2012年度 CO2排出量]84,500tCO2[2013年度 輸送量]121,900万トンキロ[2013年度 CO2排出量]88,800tCO2[2014年度 輸送量]116,500万トンキロ[2014年度 CO2排出量]92,700tCO2[2015年度 輸送量]129,100万トンキロ[2015年度 CO2排出量]99,000tCO2[2016年度 輸送量]124,600万トンキロ[2016年度 CO2排出量]95,900tCO2
物流時のCO2排出量推移
[一般道]低公害[2012]1,029台、[2013]1,046台、[2014]1,035台、[2015]1,170台、[2016]1,238台 [一般道]その他[2012]89台、[2013]88台、[2014]89台、[2015]93台、[2016]85台 [一般道]小計[2012]1,118台、[2013]1,134台、[2014]1,124台、[2015]1,263台、[2016]1,323台 [場内専用]低公害[2012]251台、[2013]317台、[2014]373台、[2015]398台、[2016]456台 [場内専用]その他[2012]448台、[2013]316台、[2014]322台、[2015]297台、[2016]280台 [場内専用]小計[2012]699台、[2013]633台、[2014]695台、[2015]695台、[2016]736台 [合計]低公害[2012]1,280台、[2013]1,363台、[2014]1,408台、[2015]1,568台、[2016]1,694台 [合計]その他[2012]537台、[2013]404台、[2014]411台、[2015]390台、[2016]365台 [合計]全所有車[2012]1,817台、[2013]1,767台、[2014]1,819台、[2015]1,958台、[2016]2,059台 [低公害車割合]一般[2012]92%、[2013]92%、[2014]90%、[2015]93%、[2016]94% [低公害車割合]場内[2012]36%、[2013]50%、[2014]54%、[2015]57%、[2016]62% [低公害車割合]合計[2012]70%、[2013]77%、[2014]77%、[2015]80%、[2016]82%
低公害車割合
[休業度数率]旭化成[2012年]0.24%、[2013年]0.4%、[2014年]0.16%、[2015年]0.32%、[2016年]0.35% [休業度数率]化学工業[2012年]0.85%、[2013年]0.82%、[2014年]0.76%、[2015年]0.81%、[2016年]0.88% [休業度数率]製造業[2012年]1%、[2013年]0.94%、[2014年]1.06%、[2015年]1.06%、[2016年]1.15% [強度率]旭化成[2012年]0.306%、[2013年]0.015%、[2014年]0.002%、[2015年]0.007%、[2016年]0.005% [強度率]化学工業[2012年]0.12%、[2013年]0.12%、[2014年]0.17%、[2015年]0.04%、[2016年]0.03% [強度率]製造業[2012年]0.1%、[2013年]0.1%、[2014年]0.09%、[2015年]0.06%、[2016年]0.07%
旭化成グループ、化学工業、製造業の労働安全に関する指標