環境保全

低炭素化社会の実現および循環型社会の形成、生物多様性保全のための取り組みを実施し、地球環境の保全を推進しています。

大気汚染・水質汚濁防止の取り組み

旭化成グループでは、大気、水域および土壌や地下水を汚染しないよう、排出管理、漏えい防止対策を実施しています。また、臭気対策としての排ガス吸収設備の導入や、排水処理施設の能力増強等、設備対応も実施しています。土壌・地下水汚染に対しては、土壌汚染対策法および関係条例に則り、調査・措置を実施しています。
2012年には「排水管理に関するガイドライン」を発行し、これに基づく排水管理状況の確認も進めています。
大気汚染防止法、水質汚濁防止法に関わる物質については、規制基準内に管理しました。
また、製造拠点の統合により、川崎製造所からの排水量が削減されました。

SOx排出量の推移
NOx排出量の推移
ばいじん排出量の推移
排水量の推移
COD負荷量の推移