労働安全衛生

旭化成グループでは、従来の安全活動(3S※1、HHK※2、危険予知、パトロール、事例検討等)にリスクアセスメント、PDCA※3のマネジメントを導入した予防処置型安全衛生活動(労働安全衛生マネジメントシステム※4)で労働災害防止活動を推進しています。

従来の安全活動 リスクアセスメント PDCAマネジメント OHSMS 労働安全衛生マネジメントシステム
安全活動との関連

労働災害防止の進め方

潜在危険性の抽出

有効な労働災害防止対策を実施するには、職場の潜在危険性を抜けなく挙げることが必要です。そのためには、安全活動に強制発想(トラブル想定)の視点を入れて、モノの不安全な状態(設備、有害物、騒音等物理的有害環境など)や人の不安全な行動、さらに、その組み合わせで発生する危険事象に対する災害想定を幅広く実施することが重要です。

リスク評価

モノの不安全な状態 人の不安全な行動 強制発想トラブル想定 従来の安全活動3S、HHK、危険予知、パトロール、事例検討等 潜在危険性の抽出(災害想定) リスク評価(重篤性・頻度によるリスク算出と優先付け) 重大リスク低減対策 本質安全化安全防護 管理の手法安全作業基準遵守活動
労働災害防止の全体像

抽出された職場の潜在危険性について、災害の重篤性と災害に遭遇する頻度との組み合わせから、リスク点数を算出し、優先順位を付けます。リスク点数の高い重大リスクから低減対策を実施します。

重大リスク低減対策

重大リスク低減対策としては、モノの不安全な状態を安全化する本質安全化(危険作業排除、自動化、トラブルゼロ化、安全な物質への転換など)と安全防護が極めて有効です。当社グループでは重篤な災害に至りやすい、機械への挟まれ・巻き込まれ型災害の対策として、機械設備等の本質安全化と安全防護(隔離と停止)による対策を重点的に推進しています。

本質安全化・安全防護対策

安全対策1.本質安全化、安全性の達成度100% 安全対策2.安全防護、安全性の達成度80% 安全対策3.管理の手法表示・警告等、安全性の達成度20% 安全対策4.管理の手法マニュアル・許可制等、安全性の達成度20% 出典:中央労働災害防止協会(1999)「職場のリスクアセスメントの実際」p.26
安全対策構築の原則

安全対策構築の原則に則って、設備の新設・変更・既存設備見直し・事故発生時の対策等として本質安全化と安全防護による対策を推進しています。

安全作業基準遵守活動

当社グループでは、設備等の改善が難しい作業に関しては、特別管理作業と位置づけて管理するとともに、安全作業基準遵守活動にて安全の確保に努めています。具体的には、日々の業務での安全作業基準遵守状況をチェックするなど、工夫して実行しています。

労働災害発生状況

災害件数/事故の型

2016年度は国内では18件の休業災害が発生しました。この18件を事故の型で分類すると、これまで重点的に取り組んできた「機械への挟まれ・巻き込まれ」について、2013年6月以来となる休業災害が発生しました。この事故を教訓として、本質安全化と安全防護によるリスクの低減活動をより一層推進します。このような災害は1年か2年に一度しか行わないような作業頻度の少ない非定常作業で発生しています。災害の重篤性と災害に遭遇する頻度との組み合わせから行うリスク評価において、頻度面からリスク点数が低いとしても、万一の災害時に重篤なケガとなる可能性がある作業においては、優先度を上げて対策を推進します。
また、国際規格ISO12100に基づく機械安全のための指針類を制定し、2014年度以降は設備の新設・改造時に設計者が機械リスクアセスメントを行い、設備審査時に関係者が審議を行っています。
一方、「転倒」、「激突」および営業車の「交通事故」の3つで、休業災害の事故の型の39%を占めています。非生産部場(営業・本社等)でも起きる、いわゆる生活災害も防止するため、生産部場とともに非生産部場でも安全基本行動遵守等の安全活動の活性化と安全文化の醸成を、引き続き推進していきます。

休業災害18件 転倒22% 動作の反動・無理動作17% 交通事故11% 高温物との接触11% その他の挟まれ11% 機械への挟まれ・巻き込まれ6% 飛来・落下6% 激突され6% 有害物との接触6% その他6%
休業災害事故の型(2016年度 国内)
休業災害122件 交通事故24% 転倒20% 墜落・転落13% 機械への挟まれ・巻き込まれ12% 動作の反動・無理動作12% 高温物との接触5% その他挟まれ3% 飛来・落下2% 激突され2% その他7%
休業災害事故の型(2006~2015年度 国内)
2006年度旭化成グループ0.36%、化学工業0.88%、製造業1.02% 2007年度旭化成グループ0.21%、化学工業1.10%、製造業1.09% 2008年度旭化成グループ0.16%、化学工業0.84%、製造業1.12% 2009年度旭化成グループ0.21%、化学工業0.72%、製造業0.99% 2010年度旭化成グループ0.21%、化学工業0.72%、製造業0.98% 2011年度旭化成グループ0.36%、化学工業0.88%、製造業1.05% 2012年度旭化成グループ0.16%、化学工業0.85%、製造業1% 2013年度旭化成グループ0.40%、化学工業0.82%、製造業0.94% 2014年度旭化成グループ0.2%、化学工業0.76%、製造業1.06% 2015年度旭化成グループ0.30%、化学工業0.81%、製造業1.06% 2016年度旭化成グループ0.38%、化学工業0.88%、製造業1.15% ※旭化成グループは年度、化学工業と製造業は暦年
グループ休業度数率※1
2006年度旭化成グループ0.042%、化学工業0.10%、製造業0.11% 2007年度旭化成グループ0.05%、化学工業0.04%、製造業0.1% 2008年度旭化成グループ0.07%、化学工業0.07%、製造業0.1% 2009年度旭化成グループ0.008%、化学工業0.13%、製造業0.08% 2010年度旭化成グループ0.005%、化学工業0.04%、製造業0.19% 2011年度旭化成グループ0.169%、化学工業0.04%、製造業0.08% 2012年度旭化成グループ0.153%、化学工業0.12%、製造業0.1% 2013年度旭化成グループ0.013%、化学工業0.12%、製造業0.1% 2014年度旭化成グループ0.005%、化学工業0.17%、製造業0.09% 2015年度旭化成グループ0.005%、化学工業0.04%、製造業0.06% 2016年度旭化成グループ0.006%、化学工業0.03%、製造業0.07% ※旭化成グループは年度、化学工業と製造業は暦年 ※2011年度は機械挟まれによる死亡災害、2012年度は転倒による後遺症災害(障害等級2級)が各1件発生し、強度率が極めて高くなった
グループ強度率※2

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の定着

2002年からOHSAS18001規格をもとに導入を開始し、2009年度以降は導入部場が全部場の90%を超え、定着化への活動を推進しています。

快適職場形成の改善活動

化学物質などの管理として、有機溶剤中毒予防規則・特定化学物質障害予防規則・粉じん障害防止規則などが適用される単位作業場では、作業環境測定法に基づく測定を毎年実施しています。さらに、化学物質のリスクアセスメントも行い、化学物質に起因するリスクの低減にも取り組んでいます。
また、騒音ならびに暑熱に関しては、作業環境測定データをベースに作業管理を行い、個人への負荷を下げる管理を実施しています。引き続き、設備改善対策や作業見直しなどの改善を進めています。

「旭化成ホームズ(株)の安全管理・活動について」

  1. 1.活動の目標と想い

旭化成ホームズは、「ヘーベルハウス」「ヘーベルメゾン」を都市部を中心に供給しています。長く住み継がれる「ロングライフ住宅の実現」という理念のもと生産活動をしています。
そして、業界最高水準の「安全な現場と人」を作り上げゼロ災を達成することを目標として全員参加で、安全活動を推進しています。

  1. 2.活動のポイント

安全管理・活動のポイントとしては、「凛とした現場づくり」、「社員労災撲滅啓蒙活動」、「交通事故撲滅活動」です。
「凛とした現場づくり」は、「整然」「気遣い」「マナー」「ブランド」の4つの言葉を全社共通キーワードとして掲げ、「決めたことを実践し危険な行動をしない風土づくり」を加速することを狙いとし、建築現場のゼロ災を目標にした活動です。
社員労災撲滅啓蒙活動は事務所などで起きる生活災害に目を向け、実際に起きた被災事例を再現した「注意喚起啓発ビデオ」を作成し、全支店に配布し導入教育や定期教育に活用するよう促している活動です。
交通事故撲滅活動は、リースカーに「前方衝突回避支援装置」搭載を推進することで、前方不注意による事故の低減を実現しました。
また、外部コンサルティング会社から「事故削減プログラム」を導入し、事故多発部場に対して約4ヶ月にわたる安全教育を実施しています。

  1. 3.成果と現在及び今後の取り組み

上記の活動を通して、昨年度はそれぞれ成果が出せました。
建築現場については、新築現場を中心に災害発生は着実に削減しました。今後は「凛とした現場づくり」をしっかりと定着させ、全国のよい現場の見える化も図ることで災害撲滅を実現します。社員労災については、狙い通り事務所災害を中心に削減させることができました。今年度は「社員労災撲滅月間」を設けることで、さらに全社員への啓蒙活動に拍車をかけていきます。交通事故については、前方衝突回避支援装置の搭載をリースカーに加えて借上車にも推進し、交通事故のさらなる低減を目指します。
ヘーベルハウスが、安心安全な住宅であり続けるためにも、旭化成ホームズは、これからも安全管理・活動を着実に推進し続けます。

コンプライアンス・RC推進部
RC管理室 室長 竹内 誠
社員労災撲滅月間 啓蒙ポスター

アスベスト問題への対応

旭化成ではアスベスト問題に対して、以下のように対応いたしました。

工場を含む旭化成グループ所有建物の対応

旭化成グループが所有する工場を含む旭化成グループ所有建物のアスベスト調査を実施し、「石綿障害予防規則」に基づいた除去、封じ込め、あるいは囲い込み等の対応を計画的に実施いたしました。

工場におけるジョイントシール類のアスベスト代替化促進

アスベスト代替化が難しいとして使用猶予(ポジティブリスト)された部材についても技術開発および実証試験で代替化することができました。

当社グループを退職された方の健康面への対応

旭化成グループでは石綿障害予防規則が適用される「アスベストを製造し、または取り扱う作業」はありませんが、旭化成グループの在職中に保全等で臨時的に石綿を取り扱った経験がある退職者の方から申し出があった場合は健康診断を受けていただくとともに、その後のフォローをさせていただいております。

旭化成グループ退職者のみなさまへ