個人投資家のみなさまへ

旭化成グループの業績と今後の方針などをわかりやすくご紹介します。

株主のみなさまへの利益還元として、配当性向3割を目安にし、継続的な増配を目指しています。

1株当たり配当額について

当社は、連結業績をベースにして、適切な内部留保を図りつつ、継続的な収益拡大による継続的な増配を目指すことを基本方針としています。内部留保資金は、設備投資を中心とした拡大投資や研究開発投資、M&Aを含む事業提携など、将来の収益拡大の実現に必要な成長施策に充当していきます。

この方針のもと、2015年度の配当につきましては、前年度より1円増配の年間20円とさせていただきました。2016年度につきましては、業績予想を踏まえ1株当たり20円を予定しています。今後も配当性向3割を目安に、「Cs for Tomorrow 2018」の実現を通じて企業価値の向上に努め、株主のみなさまへ積極的な還元を図ってまいります。

  '07年度
(117期)
'08年度
(118期)
'09年度
(119期)
'10年度
(120期)
'11年度
(121期)
'12年度
(122期)
'13年度
(123期)
'14年度
(124期)
'15年度
(125期)
'16年度
(126期)
中間 6円 7円 5円 5円 7円 7円 7円 9円 10円 10円
期末 7円 3円 5円 6円 7円 7円 10円 10円 10円 10円(予定)
合計 13円 10円 10円 11円 14円 14円 17円 19円 20円 20円(予定)