納豆

良質なたんぱく質、ビタミンや鉄分などを含む納豆。特有の粘りがとろみつけに役立ちます。また、赤ちゃんにも食べられるかたさなので、自分でやわらかく煮る必要がなく、離乳食には便利な食材です。冷凍しても品質が変わりにくいので、冷凍保存しておくとよいでしょう。

下ごしらえ

納豆は解凍時にゆでて刻めばよいため、特別な下ごしらえはいりません。中期などはひきわり納豆を使うのもおすすめです。また、付属のたれは塩分だけでなく添加物が使用されていることがあるので、赤ちゃんに使うのは避けましょう。

冷凍保存の方法

  1. パックから取り出して「サランラップ®」で包み、いったん凍らせ、使いやすい分量に切り分けます。
  2. <ワンポイント>
    冷凍前に小分けするより、凍らせて切り分けたほうが簡単です。パックのまま凍らせると、取り出しにくいので、「サランラップ®」に包んで凍らせましょう。

  1. 1つずつ「サランラップ®」で包み、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れてなるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。

使うときは

サランラップ®」をはずして茶こしなどに入れ、ゆでて解凍、加熱し、月齢に合わせてすりつぶすか、刻んで使用します。


おすすめレシピ

保存に便利なアイテム

サランラップ®
幅の小さい22cm幅、15cm幅が離乳食に便利。
ジップロック®フリーザーバッグ
量の少ない離乳食には、小さめのSサイズがおすすめ。