トマト

新鮮なトマトをたくさん入手したときなど、生食しない分は冷凍保存がおすすめです。スープやソースにサッと利用できて便利です。

冷凍保存の方法

まるごと「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。
フリーザーバッグ(L)なら中くらいのトマトが9個、フリーザーバッグ(M)なら4個程度が入ります。


使うときは

「フリーザーバッグ」から出して、「ジップロック®コンテナー」に入れ、フタをせずに電子レンジで解凍。トマトはまるごと冷凍すると解凍後、簡単に皮がむけるので、スープや煮込みメニューに便利です。解凍のときに出た水分にはトマトのうま味がぎゅっと詰まっているので、捨てずに利用しましょう。


プチトマト

プチトマトは重ならないようにしてそのまま「ジップロック®フリーザーバッグ(M)」に入れ、空気をできるだけ抜き、ジッパーをしっかりとしめて冷凍保存。


使うときは

凍ったまま10~20秒水につければ皮が自然にはじけて簡単にむけます。
そのまま食べたり、味のしみ込みもよくなるので、独特の食感を生かしたマリネやシロップに漬けたコンポートなどがおすすめです。


保存に便利なアイテム

ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK
ジップロック®コンテナー
軽くて丈夫でフタの開閉も簡単、冷凍からレンジ加熱までOK