サランラップ®の豆知識

サランラップ®ができるまで

高品質のサランラップ®がどのように作られているのかをご紹介します。

印刷したい方はこちらから(PDF)

Flashプレイヤーをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

ページトップヘ戻る

サランラップ®の歴史

サランラップ®の誕生秘話や、歩んできた歴史をご紹介します。

20世紀初頭(1900年代)

サランラップ®はいきなり誕生した商品ではありません。
20世紀初頭世界初の合成樹脂ベークライトが誕生しますが、以来アメリカでは合成樹脂の研究を熱心に進めていました。その研究の成果が(ポリ塩化ビニリデン)という形で実を結び、この合成樹脂をアメリカは戦争に活用しました。
この合成樹脂は、太平洋戦線で兵士を悩ませた蚊から身を守るための蚊帳、ジャングルを行進する兵士を水虫から守る靴の中敷き、銃や弾丸を湿気から守るための包装フィルムなどが、主な用途だったそうです。

20世紀初頭(1900年代)

1945年~

戦争が終わり、フィルムに様々な改良がなされましたが、ナチュラルチーズを包装する以外に用途が見つかりませんでした。

1945年~

1940年代後半

ある日、フィルム製造メーカーの職長を務めていたラドウィック、アイアンズの二人は、妻を伴って近所の人々とピクニックに出かけました。
ラドウィックの奥さんは、たまたま夫が会社で作っていたフィルムにレタスを包んで持っていきました。すると「このラップとてもきれい。どこで手に入れたの?」「私も欲しい。どこで売っているの?」と大変な評判になってしまいました。
そこでラドウィック、アイアンズの二人は驚き、早速翌日上司に報告し、クリング・ラップ・カンパニーを設立して開発に着手し、ダウケミカル社から取り寄せた樹脂のロールを紙管に巻き付けて箱詰めし、サランラップ第1号が完成したという訳です。
完成すると近郊の都市でも試験的に販売され、結果は上々でした。名前もラドウィック、アイアンズの二人の妻サラ(Sarah)とアン(Ann)にちなんで「サランラップ」と決定されました。

1940年代後半

1952年(昭和27年)

発売から2年後、ダウケミカル社が生産を担当し、サランラップ®は全米に進出することになります。

1952年(昭和27年)

日本では、旭化成とダウケミカル社との提携により、折半出資企業「旭ダウ(株)」が設立されました。

旭ダウ(株)

1960年(昭和35年)

サランラップ®を発売開始いたしました。認知を高めるために、広告宣伝で用途の説明や使い方の啓蒙をすることからスタートしました。特に当時台頭してきたスーパーへ積極的に売り込んだのです。
しかし、日本での発売当初は、売れ行きが伸び悩んでいました。冷蔵庫が普及し、レンジなどの台所製品も普及していたアメリカと違い、日本では、発売当初、何に使う物か、ほとんどの主婦はわからなかったといいます。当時の日本の冷蔵庫普及率は10%でした。

1960年(昭和35年)

発売当初のサランラップ®の価格は次のとおりです。
7m巻(一般用)100円
20m巻(徳用)190円
ちなみに物価紹介では、当時の100円は今の1,000円より値打ちがあったそうです。

新卒初任月給(全国平均)
・大卒 13,030円
・高卒 7,740円
・中卒 5,760円
当時の主な物価
・郵便葉書 5円
・封書 10円
・理髪料(最低料金) 160円
・かけそば 30円
・かけうどん 30円
・ラーメン 35円
・コーヒー  50円
・カレーライス 50~100円
高い!

1965年後半~(昭和40年代)

冷蔵庫の普及率が50%近くなったころから、サランラップ®の価値が評価されはじめるようになりました。

普及率50%

1975年後半~(昭和50年代)

電子レンジの普及とともに第2の伸張期を迎え、安定した伸びを見せながら現在に至っています。

普及率UP

1979年後半(昭和54年代)

サランラップ販売(株)が販売を行う体制がとられました。

サランラップ販売(株)

1982年(昭和57年)

生産体制は、旭ダウと旭化成が合併してからは、旭化成で一貫生産されています。そして今では、サランラップ®の名はラップフィルムの代名詞のように親しまれ、食品保存には欠かせない商品となっています。

1982年(昭和57年)

2008年(平成20年)

2007年4月、サランラップ販売(株)は旭化成ホームプロダクツ(株)に生まれ変わりました。 そして2008年3月、サランラップ®はフィルムの改良とあわせて、つまみやすく巻き戻りにくい波形フラップを装着。さわやかなデザインに一新しました。

2008年(平成20年)

2014年6月(平成26年)

2014年6月、「みずみずしい毎日を、ずっと」をスローガンに鮮やかなデザインに一新しました。

2014年6月(平成26年)