サラン®とは

ポリ塩化ビニリデン系繊維"サラン®"

サラン®は素材自身が非常に高い難燃性、耐薬品性を有しています。
繊維状に形成されたサラン®は優れた特性を活かして、ドールヘア、フィルター材、ブラインド、日用雑貨、人工芝用糸、感温変色糸まで幅広い分野に渡って使われています。

サラン®の特長

1.高い難燃性

素材自体が難燃性を有しているため、難燃レベルが高くばらつきもほとんどありません。
高い難燃性が求められる用途で大きい役割を発揮しています。

→各種繊維の難燃性比較▼

各種繊維の難燃性比較(参考値)

酸素指数L.O.Iとは、燃え続けるのに必要な雰囲気中の酸素濃度を表します。数値が高いほど、その素材は難燃性が高いことを示します。

2.耐薬品性に優れる

多くの酸、アルカリ、有機溶剤に対して耐性を持っています。
そのため、化学処理用途や液体のろ過に使用されています。

→耐薬品性

3.美しい光沢と色彩

透明性の高いサランの樹脂に顔料を練り込んでいるため、 美しい色彩と光沢を有しています。

→ドールヘア色見本(リンク)

4.吸水性がほとんどない

吸水率がほとんど無いため、水の影響による物性の変化がほとんどありません。
水中、海水中、雨などに濡れる用途や、排水処理・海水中での用途展開が可能です。
水切れが良いため、フィルターを洗浄した後、タワシやブラシに使用してもすぐに乾くので清潔です。

5.かび・バクテリアに侵されにくい

多湿、泥の中でも性質はほとんど変わらず、 かび・バクテリア、虫にもほとんど侵されません。
そのため汚泥・土中での用途開発にも取り組まれています。

6.一般的な合成繊維に比べてやわらかい

ポリエステルやナイロン等に比べてとても柔らかく感じられます(※)。 ※同じ繊維直径及び同じデニールで比較したとき
人形の髪の毛に使用した際になめらかな風合いを有し、人工芝に使用した際は他の繊維に比べて擦過傷を起こしにくいといわれています。

→各種繊維のヤング率比較▼

各種繊維のヤング率比較(参考値)

ヤング率とは繊維に一定のひずみを起こさせるのに要する荷重の単位面積に対する応力を示し、硬さや剛性を示す指標に使われます。 出典:化繊協会技術専門委員会資料(1976.10)

7.弾性回復性に優れている

柔らかいのに回復性はナイロン並み(※)で、 織物はシワや折り癖がつきにくい性質があります。
サランの回復性を活かして作られたハニカム織物はポリプロピレン等に比べてへたりにくいと言われています。

→回復性試験結果▼

各種繊維の回復性比較(参考値)

しわ回復角度測定試験機にサンプルを固定し、試料中央部を折り曲げ、加重する。除重した後、5分後、1時間、5時間、24時間後のしわ回復率の測定を行いました。(JIS-L1059-1モンサント法準拠)
その結果、サラン®はナイロン66並みの回復性を有していることがわかりました。

8.比重が高い

比重が1.7と合成繊維の中でも高く、沈降ロープや漁網等、水中に沈める用途に適しています。
もちろん、鉛は使用していません。

サラン®の特性ページへ

旭化成ホームプロダクツ株式会社
ポリ塩化ビニリデン系繊維
サラン®
サラン®について
サラン®の特長
サラン®の特性
製品及び糸の種類
ドールヘア
排水処理用担体
糸の種類
用途例一覧
サランスクリーン™/サランハニカム™
ろ過布
サランロック®
ブラインド
その他の用途
お問い合わせ