中期経営計画

 旭化成グループでは、2019年度より3カ年の新中期経営計画『Cs+(シーズプラス) for Tomorrow 2021』をスタートさせました。

 持続可能な社会の実現に向けての課題が、世界のさまざまな場面で議論されています。本中期経営計画では、人と地球の持続的な発展にこれからも貢献していく当社グループの姿勢を「Care for People, Care for Earth(人と地球の未来を想う)」と表現しました。当社の特徴である「多様性」「変革力」を活かしながら、持続可能な社会への貢献と、持続的な企業価値の向上を図っていきます。

“Cs+ for Tomorrow 2021”説明資料のダウンロード

2019年5月29日
新中期経営計画
“Cs+ for Tomorrow 2021”
の策定について

2018年5月29日
中期経営計画
“Cs for Tomorrow 2018”
の進捗について

2017年5月30日
中期経営計画
“Cs for Tomorrow 2018”
の進捗について