品質保証

旭化成グループ品質方針 旭化成グループは、顧客・社会のニーズを満たし、安心・安全を確信できる品質の製品・サービスを実現・提供する。
品質保証の考え方

旭化成グループでは、2016年4月の経営統合を受けて、環境安全部を環境安全・品質保証部と改称するに伴い、その内部に新たに品質保証グループを設置して、お客様に安全・安心をお届けする、製品安全を含んだ「品質保証」を強化しています。なお、2015年度のRC目標である「製品安全事故ゼロの継続」を達成しました。

品質保証体制の強化:重大製品事故ゼロの継続

お客様に満足していただける「製品・サービス」の提供を目指して

当社グループがお客様に提供している「製品・サービス」とは、旭化成グループが社内外に提供する、素材、製品、施工、サービス、アフターサービスまでのすべてを含むものをいいます。お客様が満足する「製品・サービス」を提供することが、当社グループの使命であると考えています。そのため、製品安全を含んだ品質保証体制の強化に日々努めています。

重大製品事故ゼロの継続への取り組み

重大製品事故(旧定義の製品安全事故)を未然に防止するために、RC実施統括者が実施すべき品質保証の活動を規定した「グループ品質保証細則」を新たに制定しました。この細則では品質保証強化のための活動の中心的役割を担う品質保証推進者を新たに定義しました。あわせて、当社グループでは「グループ製品安全対策ガイドライン(旧細則を改訂)」も制定しています。
当社グループ内の各事業会社、事業本部等は、これらのグループ共通の細則、ガイドライン類に準じて、「製品・サービス」の品質保証を行っています。

製品安全対策の流れ
化学製品の安全性確保の手順
機器製品の安全性確保の手順