マテリアル領域

ケミカルをベースとした高度な技術と新たな発想で、環境にやさしく付加価値の高い素材・製品を開発し、未来のくらしをリードします。

基盤マテリアル事業

基盤マテリアル事業

1923年、カザレー法によるアンモニア合成を工業化して以来、苛性ソーダ、塩素、アクリロニトリル、スチレンモノマー、MMA、アジピン酸、ポリエチレン、ポリスチレンなどの石油化学製品を展開し、幅広い産業のモノづくりを支えています。また、旭化成グループ全体のエネルギー政策を担うとともに、環境貢献テクノロジーの進化にも取り組んでいます。

パフォーマンスプロダクツ事業

パフォーマンスプロダクツ事業

繊維素材、高機能樹脂、エコタイヤ向け合成ゴムS-SBRなど、衣料分野や自動車分野などで競争優位性を発揮する幅広い製品ラインナップを活かし、グローバルに事業を展開しています。また生活になじみ深いキッチン・ハウスホールド用品やパッケージングフィルムなど、より快適で洗練された暮らしに貢献する製品を手掛けています。

スペシャルティソリューション事業

スペシャルティソリューション事業

リチウムイオン電池向けのセパレータや各種電子・機能製品をはじめ、省エネ効果の高いイオン交換膜法電解プロセス、医薬や食品向けの添加剤、自動車・電子機器などのコーティング原料、産業化薬や金属加工など、多岐にわたる高付加価値製品を提供しています。環境にやさしい高機能な製品で、豊かな生活の実現に貢献しています。

エレクトロニクス事業

エレクトロニクス事業

独自のミクスドシグナル技術で定評のあるLSI、独自の化合物半導体技術を生かした磁気センサ・赤外線センサなどの各種センサ製品、水や空気の殺菌に使用される省エネルギーで環境にやさしい深紫外LEDなど、高機能エレクトロニクス部品を提供しています。また、これらの製品を用いたソリューション型のビジネスにも取り組んでおり、安心・安全、快適なくらしの創造を目指しています。