第73回宮崎県陸上競技選手権大会

2019年7月6日~7日/宮崎県

第73回宮崎県陸上競技選手権大会
第73回宮崎県陸上競技選手権大会

第73回宮崎県陸上競技選手権大会が7月6日、7日の2日間、宮崎市・生目の杜運動公園陸上競技場で開催されました。

大会2日目に男子5000mが行われ、市田孝、仲村尚毅、齋藤椋の3選手が出場し、市田孝が他の選手との力の差を見せつける貫禄の走りで22年ぶりに大会記録を更新する13分57秒42で優勝しました。

天候は晴れ、気温26度で梅雨の晴れ間の日差しが強く暑さが厳しい中、市田はスタートから1周400mを66秒前後のペースでレースを進めました。

1000mを2分44秒、2000mを5分32秒、3000mを8分23秒、4000mを11分13秒で通過しました。

独走ながらも粘り強く走り、1997年に榎木和貴さんが樹立した14分00秒21の大会記録を約3秒更新する13分台の素晴らしい記録で制しました。

故障上がりのレースとなった齋藤は、800mまで市田につきましたが、それ以降は自分のペースで走り単独走となりながらも、3000mを8分43秒で通過。

終盤も我慢強く走りきり、2位でゴールしました。

仲村は終始自分のペースで走り、3位狙いの走りとなりました。

途中、苦しい場面もありましたが目標通りの3位でゴールしました。

第73回宮崎県陸上競技選手権大会成績

男子5000m
1位 市田 孝 13分57秒42[大会新]
2位 齋藤 椋 14分52秒65
3位 仲村 尚毅 15分20秒04

旭化成 柔道部